最安値で1番お得!「BASE FOOD」公式サイトはこちら

ベースブレッドだけで生活はできる?体へのリスクやデメリットは?

この記事はこんな悩みを解決します
  • ベースブレッドだけで生活できる?
  • どんなメリット・デメリットがある?
  • 体へのリスクがないか不安…

累計販売数が1億袋を突破!定期購入者数も17万人を超えた完全栄養食のベースフード。

体に必要な栄養素がバランスよくとれるベースブレッドですが、「ベースブレッドだけで生活できるの?」と気になる人もいるのではのでしょうか?

この記事では、ベースブレッド186袋だけで1ヶ月生活した筆者が、実際に感じたメリット・デメリットを解説しています。

▲ 検証時に買った186袋のベースブレッド

結論としては、「ベースブレッドだけでも生活できるけど、食事の楽しみが減るのでおすすめできない」というのが本音です。

3食ベースブレッドのような極端な食生活にせず、ほかの食事もバランスよく食べるのがちょうどいいと感じました。

記事を読めば、ベースブレッドだけで1ヶ月生活して感じたリアルな体験談を知ることができます。

「ベースブレッドだけで生活しても大丈夫?」と不安な方は、ぜひ参考にしていください。

\ 最安値で1番お得 /

今だけ!送料無料キャンペーン実施中

この記事を書いた人
どらさん@完全食マニア
  • ベースフード歴1年
    (月に90袋食べるマニア)
  • 筋トレ大好きな社会人
    (筋トレ歴3年)
  • ベースブレッドで6.6キロの減量に成功

期間限定!送料無料キャンペーン実施中

2024年4月10日〜5月30日の期間限定で、「まいにちBASEFOODで健康に!送料無料キャンペーン」を実施しています。

とってもお得に購入できるこの機会にぜひ、公式サイトを確認してみてください。

>>ベースフード公式サイトはこちら

タップできる目次

【検証】ベースブレッドだけで1ヶ月生活してみた

▲ 1ヶ月ベースブレッド生活で食べた186袋のベースブレッド

「体に必要な栄養がすべてとれる」と言われている完全栄養食のベースブレッド。※

そこで気になるのが、「果たしてベースブレッドだけで人は生きていけるのか?」という疑問ですよね。

なので、実際にベースブレッド3食だけの生活を1ヶ月続けて、以下の項目を検証してみました。

  • 体に悪影響はないか?
  • どんなメリット・デメリットがあるか?

【実施期間】 2021年9月10日〜10月10日

【ルール】 1日3食をベースブレッドだけで生活

1ヶ月ベースブレッド生活で感じたメリット・デメリットがこちらです。

メリット
デメリット
  • 空腹を感じることなく2.6キロ痩せた
  • 食事にかかる時間が大幅に削減
  • 体調が整い肌荒れが改善
  • 自炊より食費がかかる
  • ほかのものが食べたくなる
  • 食事の楽しみが減る

再度結論をお伝えすると、ベースブレッドだけでも問題なく生活できるけど、食事の楽しみが減ってしまいます…

メリットも多いけど、ほとんどの人には向かないだろうな…」というのが正直な感想です。

ここからは、実際に感じたメリットデメリットについて詳しく解説していきます。

※1食(2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む 

ベースブレッドだけで生活して感じた3つのデメリット

ベースブレッドだけで生活して感じたデメリットが、以下の3つです。

それぞれ詳しく解説していきます。

【デメリット①】自炊より食費がかかる

ベースブレッドだけでの生活は、自炊に比べて食費がかかるデメリットがあります。

ベースブレッド1食(2袋)は336円〜なので、1日3食たべるとすれば、1ヶ月で約3万円の食費がかかります。

どらさん

コンビニ食や外食に比べると安いものの、自炊よりは高くつきます。

高すぎることはありませんが、食費を最低限に抑えたい人には向かないと感じました。

【デメリット②】ほかのものが食べたくなる

毎食ベースブレッドの生活を続けてると、猛烈にほかのものが食べたくなります。

1つのものだけを食べ続けるのは苦痛で、「なんでもいいから違うものが食べたい…」と感じました。

ベースブレッドには6種類の味があるので、ローテーションすれば味に飽きることはありません。

しかしベースブレッド以外のものを食べられないのは、かなりストレスでした。

1ヶ月は耐えられましたが、「この生活を2ヶ月続けるのは厳しい…」というのが正直な感想です。

【デメリット③】食事の楽しみが減る

ベースブレッドだけを食べる生活で1番デメリットに感じたのは、食事の楽しみが減ってしまうことです。

食事は、好きなものを食べる喜びを感じられる幸せな瞬間でもあります。

しかし、ベースブレッドだけの生活を続けると、ただ食べるだけの作業に近い感覚になることがありました。

どらさん

食事を楽しみたい人には、ベースブレッドだけの生活はおすすめできません。

ベースブレッドだけで生活するデメリット

  • 自炊より食費がかかる
  • ほかのものが食べたくなる
  • 食事の楽しみが減る

ベースブレッドだけの生活には、これらのデメリットがあります。

毎食をベースブレッドを食べる極端な生活は、食事への満足度が下がるのでおすすめできません。

>>「BASE FOOD」の公式サイトをみてみる

ベースブレッドだけで生活して感じた3つのメリット

ベースブレッドだけ生活で感じたメリットが、以下の3つです。

それぞれ解説します。

【メリット①】空腹を感じることなく生活できた

ベースブレッド3食生活では、空腹を感じることなく生活するができ、これには驚きました。

ベースブレッドだけで生活するメリット
▲ ベースブレッドだけで生活した時の体重推移

2021年9月10日:60.4キロ→10月10日:57.8キロ

ベースブレッドは腹持ちがいいので、1食(2袋)食べるとお腹いっぱいになります。

朝から2袋食べるのは厳しいので、朝ごはんに1袋・間食で1袋のように小分けに食べてました。

どらさん

3食(6袋)では少ないように感じますが、お腹に溜まるので空腹を感じません。

3食(6袋)食べても約1,500kcal

ベースブレッド1袋のカロリーは約250kcalと、パンにしてはカロリーひかえめです。

ベースブレッドカロリー
ミニ食パン233kcal
プレーン205kcal
チョコ264kcal
メープル264kcal
シナモン262kcal
カレー253kcal
▲ 1袋あたり
どらさん

3食(6袋)食べても約1,500kcalに抑えられます。

筆者の1日の消費カロリーをkeisanによって算出すると、約2,300kcal。※

ベースブレッド3食のカロリーは約1,500kcalで消費カロリー以下なので、自然と体重が減少しました。

どらさん

頑張って痩せたというより、置きかえるだけで自然に痩せた感覚でした。

ダイエット中は常に空腹との戦いでつらいものですよね…

しかし3食ベースブレッド生活ではお腹が減らないので、ストレスなく痩せられたのが嬉しかったです。

空腹感の少ないベースブレッドは、「ダイエット中の空腹がつらい…」とお悩みの人におすすめ。

ベースブレッドで痩せた食事法は、以下の記事でまとめています。

【メリット②】食事にかかる時間が大幅に減った

ベースブレッドだけの生活では、食事にかかる時間を大幅に減らせるメリットがあります。

袋から取り出すだけでサッと食べられるので、食事の手間がかからずとにかく楽です。

自炊が一切不要に

これまでは、仕事で疲れ果てた後に、

  • 夜ごはんの買い出し
  • 調理・洗い物
  • 翌日の弁当作り

など、食事にかかる手間がおおく、めんどうに感じていました。

どらさん

毎日自炊するのは疲れますよね…

しかし、3食ベースブレッド生活では、

  • 買い物や材料選び
  • 毎日のメニュー決め・調理
  • 食後のめんどうな洗い物

をする必要がありません。

どらさん

自炊をしなくていいので、毎日の食事がとても楽になりました。

食事の時間が約50分短縮できた

食事の手間がなくなることで、自由に使える時間が増えたのも嬉しいポイントでした。

どらさん

少なく見積もっても、1日2時間の自由時間ができました。

自由に使える時間が増えることで、

  • 家でのんびりとYouTubeをみれる
  • 時間を気にせず趣味の筋トレに打ち込める
  • 睡眠時間を確保でき体調がよくなる

など、たくさんのメリットがありました。

食事を大幅に時短できるベースブレッドは、仕事や家事に追われて忙しい人におすすめです。

【メリット③】栄養バランスが整い肌荒れが改善

ベースブレッドだけ生活で1番メリットに感じたのは、肌荒れが改善したことです。※

筆者は高校1年生の頃から肌荒れがひどく、つい最近まで、”顔と背中のニキビ”に悩んできました。

どらさん

いろんなスキンケアや薬を試しても、全く改善せず…

しかし、ベースブレッドを食べ始めて2〜3週間後に鏡を見ると、明らかにニキビが減ってることに気づきました。

これまでは食事を気にすることなく、栄養のかたよったものばかり食べてました…

しかしベースブレッドは、33種類の栄養素をまとめてとることができます。

これまで不足してたビタミン・ミネラルなどの栄養バランスが整うことで、肌荒れが改善したと思われます。

どらさん

食事を整えることの大切さを痛感しました。

その後も順調によくなり、今では肌が荒れることほとんどありません。

ベースブレッドを食べ始めて、肌荒れを改善できたのは思わぬメリットでした。

※個人の体験談で効果を保証するものではありません。

ベースブレッドだけで生活して感じたメリット

  • 空腹を感じることなく2.6キロ痩せた
  • 食事にかかる時間が大幅に減った
  • 栄養バランスが整い肌荒れが改善

体へのいい変化も感じることができ、メリットもたくさんありました。

しかし食事の楽しみが減るデメリットは許容できないので、今後はベースブレッドだけで生活しようとは思いません。

3食ベースブレッドのような極端な生活はせず、1日1〜2食を取り入れるのがおすすめです。

普通の食事も楽しみながら、バランスよく活用するのがちょうどいい距離感だと感じました。

\ 最安値で1番お得 /

今だけ!送料無料キャンペーン実施中

ベースブレッドだけで生活するリスクは、栄養素が不足すること

ベースブレッドだけでの生活は、栄養素が不足するリスクがあります。

▲ ※推定値 
※栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を100とした場合
※BASE BREAD®︎ミニ食パン・プレーン1食2袋の場合

炭水化物とナトリウム(塩分)が不足している。

※1食(2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む 

どらさん

3食ベースブレッドだけしか食べない場合、炭水化物と塩分が不足します。

炭水化物と塩分が少ないのはとりすぎ防止のため

ベースブレッドの炭水化物と塩分が少ないのは、とりすぎ防止のためです。

日本人の一般的な食事では、炭水化物と塩分のとりすぎが問題視されています。

なので、ほかの食事でとりすぎないように、この2種類の栄養素はあえて少なめに作られています。

完全栄養食と聞くと、「すべての栄養が完璧にとれる」と思いがちですが、実はそうではありません。

ベースブレッド3食だけで生活すると炭水化物と塩分が不足するので、塩おにぎり・うどんなどを追加するのがおすすめです。

ベースブレッドに不足する栄養素については、以下の記事でまとめてるので参考にしてください。

完全栄養食だけで3年半生活してる人がいる

ベースフードをふくむ完全栄養食だけで生活してる、「笠原元輝さん」という方を発見しました。

『くりーむしちゅーのハナタカのTV』で取り上げられた笠原さんは、2019年から3年半ほぼ完全栄養食だけで生活しています。

「時間とお金を節約するために完全食のみで生活する」という道を選んだそうです。

理論上は栄養が完璧にとれても、「果たして本当に完全栄養食だけで生活できるのか?」は疑問が残るところですよね…

笠原さんは、ほぼ完全栄養食だけの生活を3年半続けてますが、いまのところ体への異常はなく、問題なく生活できているようです。

ベースブレッドだけで生活してる人の声をSNSで調査

「ベースブレッドだけで生活してる人はいるのかな?」と気になる方もいるのではないでしょうか

そこでベースブログでは、”ベースブレッドだけで生活してる人の声”をTwitterで調査しました。

実際の購入者の声がこちらです。

体調がいい

「ベースブレッド3食(6袋)を食べた次の日の体調がいい」と感じてる人を発見しました。

ベースブレッドには、33種類の栄養素がバランスよくふくまれています。

体にとって大切な、ビタミン・ミネラルや食物繊維がまとめてとれるので、体調へのいい変化を実感してる人もいるようです。

これは筆者の体験談ですが、ベースブレッドだけを食べてる期間は、

・朝すっきり起きられる
・日中疲れにくく仕事に集中できる

などの実感がありました。

腹持ちがよくて空腹感がない

「ベースブレッドだけの生活でも空腹を感じない」という声も。

腹持ちがいいベースブレッドは、一般的な男性が食べても空腹感なく過ごせてるようです。

味の濃いものが食べたくなる

ベースブレッドだけの生活を続けてると、「味が濃いものを食べたくなる」という声を発見。

これには筆者も同意見で、ラーメンや焼肉が恋しくなります…

たまには普通の食事を楽しんだり、アレンジで味を濃くするなど、息抜きをすることも大切です。

味に飽きる

https://twitter.com/hnrrpgr/status/1586672549923934208?s=20

3食ベースブレッドだと飽きるという声も。

ベースブレッドをやめる理由に1番おおいのが「味に飽きたから」という理由です。

同じ味ばかり食べるのは厳しい…という場合は、6種類の味をローテーションして食べると飽きを防げるので、ぜひお試しください。

ベースブレッドだけでの生活をおすすめする人・しない人

最後に、ベースブレッドだけでの生活をおすすめする人・しない人をまとめてみました。

おすすめしない人

  • 同じものを食べ続けるのが苦痛
  • 食費を万円以下に抑えたい
  • 色々な食事を楽しみたい

このような人には、ベースブレッドだけでの生活はおすすめできません。

ほかの食事もとりながら、バランスよくベースブレッドを活用してみてください。

おすすめする人

  • 食事を作るのがめんどう
  • 手軽に栄養バランスを整えたい
  • 空腹感の少ないダイエットがしたい

食事にかかる手間をなくせるのはベースブレッドの大きな魅力です。

これらのメリットを考えれば「食事の楽しみを犠牲にしてもいい」という人には、おすすめできると感じました。

Q&A|ベースブレッドだけで生活する時によくある質問

ベースブレッド1食分は何個?

ベースブレッド1食分は2袋です。

すべてのフレーバーにおいて、2袋で1食分(1/3日分の栄養素)となっております。

引用元:ベースフード株式会社
1食で必ず2袋食べなければいけない?

必ず2袋食べる必要はありません。

1度に1食分全てをお召し上がりいただく必要はなく、1日のお食事の中で自由に調整していただければと思います。

引用元:ベースフード株式会社
1日何個まで食べていいの?

摂取上限は決まっていません。

摂取上限は設けておりませんが、ご自身の摂取可能カロリーや運動レベルによってご調整いただきますようお願いいたします。

引用元:ベースフード株式会社

>>ベースブレッドは1日何個?いつ食べる?

野菜を食べる必要はある?

ベースブレッドを3食(6袋)食べれば※1日に必要な栄養素は満たせます。

しかし、不安な場合は補強として野菜をとるのがおすすめです。

※1食(2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む 

ベースブレッドの安全性は大丈夫?

ベースブレッドには余計な添加物がふくまれていません。

小さなこどもや妊婦さんでも安心して食べられます。

>>ベースブレッドは体に悪い?

BASE BREAD®は、毎日安心して食べていただきたいからこそ、合成保存料や合成着色料などの余計な添加物は加えておりません。

引用元:ベースフード株式会社

※ 1食(2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む 

まとめ:メリット・デメリットを考慮して判断しよう

ベースブレッドだけでの生活にはメリット・デメリットの両方があり、すべての人におすすめはできる選択肢ではありません。

メリット
デメリット
  • 空腹を感じることなく2.6キロ痩せた
  • 食事にかかる時間が大幅に減った
  • 体調が整い肌荒れが改善
  • 自炊より食費がかかる
  • ほかのものが食べたくなる
  • 食事の楽しみが減る

個人的には、ベースブレッドだけのような極端な食事にはせず、1日数袋をバランスよく活用するのがおすすめです。

どらさん

1食を置きかえるだけでも、毎日の食事が楽になります。

おいしさ・手軽さ・栄養のすべてを諦めないベースブレッドで、理想の体を目指してみてください。

最後までごらんいただき、ありがとうございました。

\ 最安値で1番お得 /

今だけ!送料無料キャンペーン実施中

期間限定!送料無料キャンペーン実施中

2024年4月10日〜5月30日の期間限定で、「まいにちBASEFOODで健康に!送料無料キャンペーン」を実施しています。

とってもお得に購入できるこの機会にぜひ、公式サイトを確認してみてください。

>>ベースフード公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次