最安値で1番お得!「BASE FOOD」公式サイトはこちら

ベースブレッドのカロリーは?脂質や糖質が高い噂はほんと?

この記事はこんな悩みを解決します
  • ベースブレッドのカロリーは高い?
  • 糖質や脂質が高いってほんと?
  • 脂質・糖質制限に使えるのか知りたい…

累計販売数が1億袋を突破!ダイエットパンとして人気急上昇中のベースブレッド。

「ベースブレッドのカロリー・糖質・脂質は高いの?」と疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

この記事ではベースブレッドで6.6キロ痩せた経験のある筆者が、「カロリー・糖質・脂質は高いのか?」について、詳しく解説してます。

結論からお伝えすると、ベースブレッドはカロリー・糖質ひかえめでダイエット中におすすめできる商品です。

脂質は少し高いものの、体に必要な必須脂肪酸がたくさんふくまれていて、健康的なことがわかりました。

記事を読めば、「ベースブレッドをダイエット中に食べても大丈夫か?」を知ることができます。

実際にベースブレッドを食べたダイエッターの声も紹介してるので、ぜひ参考にしてください。

\ 最安値で1番お得 /

いつでも解約OK!

この記事を書いた人
どらさん@完全食マニア
  • ベースフード歴1年
    (月に90袋食べるマニア)
  • 筋トレ大好きな社会人
    (筋トレ歴3年)
  • ベースブレッドで6.6キロの減量に成功

【今だけ!送料無料キャンペーン開催中】

ベースフードでは「継続コース」が今だけ送料無料で購入できるキャンペーンを開催中です。

・初めて購入する方
・再び購入する方

のどちらも対象となりますので、お得なこの機会にぜひ公式サイトを確認してみてください!

※期間:2023年10月2日〜2023年11月30日

タップできる目次

ベースブレッドのカロリーは高い?

ベースブレッドのカロリーは高い?

「ベースブレッドのカロリーは高いのかな?」と疑問をお持ちの方もいると思います。

結論としては、1袋あたり205〜264kcalでカロリーひかえめです。

しかし2袋食べると410〜528kcalになるので、カロリー制限中は食べすぎになる可能性もあります。

ここでは、ベースブレッドのカロリーが高い理由について解説してるので、参考にしてください。

【1袋のカロリー】205〜264kcal

ベースブレッドカロリー
ミニ食パン233kcal
プレーン205kcal
チョコ264kcal
メープル264kcal
シナモン262kcal
カレー253kcal

ベースブレッド1袋のカロリーは、205〜264kcalです。

1番ヘルシーなのはプレーン味で205kcal。カロリーの高いチョコ・メープル味でも264kcalで、カロリーひかえめと言えます。

一般的に菓子パンは500kcalを超えるものがおおく、中には1個1000kcalを超えるような商品も…

それに比べて、ベースブレッドは1袋205〜264kcalで、食事制限中も無理なく食べられるのが嬉しいポイントです。

どらさん

パンなのにカロリーひかえめでダイエッターにも人気です。

【2袋のカロリー】410〜528kcal

ベースブレッド2袋カロリー
ミニ食パン466kcal
プレーン410kcal
チョコ528kcal
メープル528kcal
シナモン524kcal
カレー506kcal

ベースブレッド2袋のカロリーは410〜528kcalです。

プレーンは410kcalと低めですが、チョコやメープルは528kcalで、「は少しカロリーが高いな…」と感じます。

体格のいい男性であれば2袋食べても問題ありませんが、活動量の少ない人や基礎代謝の低い人は、食べすぎになる可能性もあります…

カロリーが高いのはたんぱく質と食物繊維が多いから

ベースブレッド2袋のカロリーが高い理由は、たんぱく質と食物繊維がほうふだからです。

一般的な主食との比較

食物繊維たんぱく質
ベースブレッド
(チョコ2袋)
8.4g27g
白米
(1膳)
0.48g4g
超熟
(4枚切り)
4.2g7.4g
うどん
(1玉)
1.84g5.98g

一般的な主食(白米や食パン)には、たんぱく質や食物繊維はほとんど含まれてません。

しかしベースブレッドは主食でありながら、これらの栄養もまとめてとることができます。

ベースブレッドのカロリーが高い理由は、白米や食パンにふくまれない”たんぱく質や食物繊維がほうふ”だから。

たんぱく質や食物繊維は体に必須な栄養素なので、どちらにせよほかの食事から摂取する必要があります。

ほかの食事でたんぱく質や食物繊維を追加すれば、そのぶん摂取カロリーが増えます。

また、調理や洗い物の手間が増えるデメリットも…

ベースブレッドはたんぱく質や食物繊維をまとめてとれるので、食事の手間がかからないのも嬉しいポイントです。

\ 最安値で1番お得 /

いつでも解約OK!

ベースブレッドの脂質は高い?

ベースブレッドの脂質は高い?

脂質をとりすぎると太るので、ダイエット中は脂質量を気にする人もおおいとおもいます。

結論としては、ベースブレッド1袋の脂質は5.4〜10.2g。2袋食べると10.8〜20.4gと少し高めです。

しかしベースブレッドの脂質が高いのには、「体に大切な必須脂肪酸が豊富だから」という理由があります。

ここでは、ベースブレッドの脂質について詳しく解説してるので、参考にしてください。

【1袋の脂質】5.4〜10.2g

ベースブレッド脂質
ミニ食パン7.2g
プレーン5.4g
チョコ9.3g
メープル8.2g
シナモン8.5g
カレー10.2g

ベースブレッド1袋の脂質は5.4〜10.2gです。

プレーン味の脂質は5.4gと低めですが、カレー味は10.2gとやや高め…

しかしベースブレッド1袋であれば、脂質制限ダイエット中も食べることができます。

脂質制限ダイエットとは?

1日の脂質量を、総摂取エネルギーの20%以下に減らすダイエット方法。

どらさん

三大栄養素(カロリー・糖質・脂質)のうち脂質を減らすダイエットです。

脂質制限ダイエットのイメージ

上のグラフのように、1日1800kcalでダイエットする場合、必要な脂質量は20~40g。

ベースブレッド(プレーン)1袋を3回食べた時の脂質量は16.2gで、脂質制限中も問題なく食べられます。

【2袋の脂質】10.8〜20.4g

ベースブレッド2袋脂質
ミニ食パン14.4g
プレーン10.8g
チョコ18.6g
メープル16.4g
シナモン19g
カレー20.4g

ベースブレッド2袋の脂質量は10.8〜20.4gで、「やや脂質が高い…」というのが正直なところ。

どらさん

脂質制限中に2袋食べるのはおすすめできません。

脂質が高いのは必須脂肪酸がほうふだから

ベースブレッドの脂質が高い理由は、必須脂肪酸がたくさんふくまれてるからです。

▲ 赤枠の2つが必須脂肪酸
必須脂肪酸とは?

健康維持に欠かせない脂肪酸のうち体内で合成できない脂肪酸。多価不飽和脂肪酸のリノール酸、α‐リノレン酸、アラキドン酸の種類があり、食品から摂る必要があります。

引用元:日本健康倶楽部
どらさん

簡単に説明すると、体内で作られず食事からとる必要がある脂肪酸です。

ベースブレッドは完全栄養食なので、1日に必要な量の必須脂肪酸がふくまれてます。※

ベースブレッドの脂質が高い理由は、必須脂肪酸がおおいから。

※1食(2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

必須脂肪酸の効果やメリット

必須脂肪酸は体に大切な栄養で、以下の効果があると言われてます。

必須脂肪酸に期待できる効果

  • 美容・肌荒れの改善
  • 健康・体調の維持
  • ダイエット効果

脂肪酸と聞くとなんとなく体に悪いイメージがありますよね…

しかし、必須脂肪酸は「体にいい良質な脂」と言われていて、健康を維持するのに重要な栄養素です。

実際にベースブレッドを食べ始めて、肌荒れ便秘への効果を感じてる声もありました。

必須脂肪酸は普段の食事で不足しがち

必須脂肪酸は一般的な主食にふくまれず、普段の食事で不足しがちな栄養素です。

どらさん

おもに青魚にふくまれる脂肪酸で、意識してとらないと不足します。

現代人の食事では必須脂肪酸が不足しがちで、おおくの日本人に足りない栄養素でもあります。

必須脂肪酸の目標量

厚生労働省によって定められた必須脂肪酸の目標量がこちらです。

必須脂肪酸の目標量

男性女性
n-3系脂肪酸2.2g1.6 g
n-6系脂肪酸11g8g
参考:日本人の食事摂取基準

1日に必要なn-3系脂肪酸の量を魚で例えると、アジ約3匹分に相当します。

どらさん

必須脂肪酸を食事だけでとるのは大変です…

ベースブレッド1食(2袋)には、1日に必要な1/3の必須脂肪酸がふくまれてます。

食事からとるのがむずかしい必須脂肪酸を手軽にとれるのは、大きなメリットに感じました。

ベースブレッドの脂質についてのまとめ

  • 1袋:5.4〜10.2g
  • 2袋:10.8〜20.4g
  • 不足しがちな必須脂肪酸がほうふ

ベースブレッドは1袋であれば、脂質制限中に食べることもできます。

2袋の脂質は少し高めですが、肌荒れや便秘への効果も期待できる必須脂肪酸を、バランスよくとれるメリットも。

摂取するのがむずかしい必須脂肪酸を、まとめてとれるのは嬉しいポイントです。

\ 最安値で1番お得 /

いつでも解約OK!

ベースブレッドの糖質は高い?

ベースブレッドの糖質は高い?

「ベースブレッドの糖質は高いの?」と気になる人もいるのではないでしょうか?

結論としては、1袋の糖質は20.7〜29.1gでパンにしてはかなり低めです。

2袋食べても41.4〜58.2gで、一般的な主食(白米や食パン)より低糖質。

ここでは、ベースブレッドの糖質について詳しく解説してるので、参考にしてください。

【1袋の糖質】20.7〜29.1g

ベースブレッド糖質
ミニ食パン22.2g
プレーン20.7g
チョコ29.1g
メープル27.1g
シナモン26.1g
カレー24.7g

ベースブレッド1袋の糖質は20.7〜29.1gで糖質ひかえめ。

パンは糖質が高くて太りやすい食べ物ですが、ベースブレッドは糖質を抑えて作られてます。

一般的な主食との比較

糖質
ベースブレッド
(プレーン1袋)
20.7g
パスコ超熟
(4枚切り)
45.4g
白米
(1膳)
59.36g
うどん
(1玉)
49.68g

食パン(パスコ超熟)に比べて半分以下の糖質で、パンにしては糖質が低いと言えます。

糖質制限中は、1食の糖質量を20〜40gにすることが推奨されてます。

ベースブレッドは1袋20.7〜29.1と糖質ひかえめで、糖質制限中も問題なく食べられるのは嬉しいポイントです。

ベースブレッドが糖質制限に向いてる理由は、以下の記事でまとめています。

【2袋の糖質】41.4〜58.2g

ベースブレッド2袋糖質
ミニ食パン44.4g
プレーン41.4g
チョコ58.2g
メープル54.2g
シナモン52.2g
カレー49.4g

ベースブレッド2袋の糖質は、41.4〜58.2gです。

ベースブレッドは主食なのに糖質が抑えられてるので、普段の食事に組み込みやすいのも嬉しいポイント。

白米やパンを日常的に食べてる場合は、ベースブレッドに置きかえることで、1食の糖質をグッと減らせます。

どらさん

糖質を抑えつつ栄養バランスも整うので一石二鳥です。

このように、1食をベースブレッドに置きかえるダイエット方法も存在します。

糖質制限ほどのダイエット効果は期待できませんが、ゆるい食事制限で無理なく痩せたい場合は、置きかえダイエットがおすすめです。

ベースブレッドの糖質についてのまとめ

  • 1袋→20.7〜29.1g
  • 2袋→41.4〜58.2g
  • 一般的な主食に比べて低糖質

ベースブレッドは糖質ひかえめなので、「甘いものやパンを我慢するのがストレス…」とお悩みの方にぴったりだと感じました。

\ 最安値で1番お得 /

いつでも解約OK!

ベースブレッドのダイエット効果は、「【2ヶ月で−6.6キロ】運動なしで痩せた!ベースブレッドのダイエット方法」でまとめてるので参考にしてください。

ベースブレッドのカロリー・糖質・脂質をほかの食品と比較

ベースブレッドのカロリー・糖質・脂質をほかの食品と比較

ベースブレッドのカロリー・糖質・脂質が、「普段食べてるものと比べて高いのか?」も気になりますよね。

そこで、普段よく食べられる食品と比較してみました。

コンビニ食と比較

コンビニ食と徹底比較

スクロールできます
比較表カロリー糖質脂質たんぱく質
ベースブレッド
(プレーン1袋
205kcal20.7g5.4g13.5g
唐揚げ弁当
(1個)
760kcal84.36g33.36g24.24g
サンドイッチ
(1袋)
314kcal17.84g21.24g12.2g
メロンパン
(1個)
276kcal47.22g5.95g6.32g
カロリーメイト
(1箱)
400kcal40.7g22.2g8.4g
カロリー計算参照サイト:Slism

ベースブレッドはコンビニ食と比較しても、カロリー・糖質・脂質が低いことがわかります。

また、コンビニ食より栄養バランスがいいのも嬉しいポイント。

ベースブレッドの栄養素比較
ベースブレッドとコンビニ食の栄養比較
(※継続コース初回購入時)

ベースブレッドはコンビニ食より安くて栄養豊富。

朝ごはんやランチを、コンビニで済ませる人はおおいのではないでしょうか?

しかし、コンビニ弁当や菓子パンは栄養バランスが悪く、偏った食生活になりがちです…

ベースブレッドはカロリーメイトより栄養豊富で、簡単に食事バランスを整えられます。

コンビニであれこれ買うより安いので、食費の節約になるのも嬉しいポイントです。

どらさん

栄養を整えつつ食費も抑えられるので一石二鳥です。

菓子パンと比較

菓子パンと徹底比較

スクロールできます
カロリー糖質脂質たんぱく質
ベースブレッド
(プレーン1袋)
205kcal20.7g5.4g13.5g
ランチパック
ピーナッツ味
(1袋)
360kcal45.8g15.6g9g
ナイススティック
(1本)
453kcal50g24.6g7.9g
大きなメロンパン
(1袋)
532kcal83.1g17.1g11.4g
栄養成分参考サイト:山﨑パン

ベースブレッドは菓子パンに比べて、カロリー・糖質・脂質が半分以下でとてもヘルシーです。

一般的にパンは太ることから、ベースブレッドも太る食べ物と思われがち…

しかし、ベースブレッドはカロリー・糖質ひかえめで腹持ちもいいので、ダイエットにぴったりです。

余計な添加物が一切使われていないので、菓子パンより健康的なのも嬉しいポイント。

菓子パンの味には劣りますが、栄養食にしてはおいしいので食べていてストレスがありません。

チョコやメープルは甘さもしっかり感じられるので、「甘いものが食べたい」「パンが食べたい…」という欲求を満たすことができます。

菓子パンより腹持ちもよく、空腹を感じにくいところも気に入ってます。

ベースブレッドの味は「【本音レビュー】ベースブレッドはまずい?月90袋食べる筆者が味を激白」で詳しくまとめてます。

\ 最安値で1番お得 /

いつでも解約OK!

ダイエット効果はある?購入者100人にアンケート調査

ベースブレッドは痩せるのか?を購入者100人にアンケート調査

ベースブレッドを購入した人が「実際にどれくらい痩せてるのか?」は気になるところですよね。

そこで購入者人に、以下の内容でアンケートを実施しました。

【アンケート概要】 
期間:2022年11月21日〜12月11日
対象:ベースブレッド購入者
人数:人(10〜60代の男女)
募集場所:Lancers

痩せるまでにかかった期間や、購入者が感じたリアルな口コミも調査してるので、参考にしてください。

100人中70人が痩せたと回答

ベースブレッドで何kg痩せた?(もしくは太った?)
5g〜10kg
5%
3g〜5kg
17%
1g〜3kg
35%
〜1kg
13%
変化なし
30%
太った
0%

「ベースブレッドで痩せることができたか?」を調査すると、100人中70人が痩せたと回答。

何キロ痩せたかを聞いてみると、1〜3kg痩せた人が最もおおいようです。

また、ベースブレッドを食べ始めて太った人は0人という結果には驚きました。

変化なしと答えた人も3割いましたが、購入者の7割がダイエット効果を実感してるようです。

どらさん

中には5kg〜10kg痩せた人もいました。

3ヶ月以内に痩せた人が64人

ベースブレッドで痩せるまでにかかった期間は?
〜1週間
6%
1週間〜1ヶ月
31%
1ヶ月〜3ヶ月
29%
3ヶ月〜半年
11%
半年〜
0%
変化なし
23%

ベースブレッドで痩せるまでにかかった期間を聞いてみると、3ヶ月以内に結果が出る人がおおいようです。

1ヶ月以内に痩せた人も4割近くいるので、すぐに効果を実感したい人にもおすすめできると感じました。

悪い口コミ

仕事が激務で身体が疲れていたこともあり、昼食を選ぶのが面倒で始めました。割と好みな味だったので最初の方は毎日お昼に食べていましたが、3週間ほどで飽きがきてしまい、そこはデメリットに感じました。ダイエット目的ではありませんでしたが結果的に2kgほど痩せました。
(20代女性)

色んな味があり飽きないとの謳い文句でしたが、やっぱり飽きます。いちごやメロン等フルーツ系の味も欲しいです。それにパサパサしすぎて食べづらい。もっと水分を奪わないように改良して欲しい。
(20代男性)

味やボリューム感がちょうどよく、機能性を考えれば価格も見合っていると思うので、長く続けることができるのは良いと思います。一方で、これだけを食べていればダイエットできる、というものではないと感じました。
(30代男性)

パンは太るというイメージからなかなか手が出なかったが、栄養成分も多く見た目によらず食べ応えがあって、一食の置き換えは無理なくできた。もう少し価格が下がれば、ダイエット食として続けていきたいと思った。
(40代女性)

食事をしないダイエットではなく、食事を摂りながらもダイエットできるのはとても魅力的でした。ただ継続している期間がながくなると、どうしても飽きも出てきてしまいました。
(30代女性)

※口コミは個人の感想であり、効果効能を示すものではありません。

悪い口コミには「味に飽きる」という声が多くみられました。

購入者がベースブレッドをやめる理由に1番おおいのは味に飽きたときで、「食べ続けるのが厳しい」と感じる人もいるようです。

どらさん

味や食感への不満の声もみられました。

ベースブレッドの味は「【本音レビュー】ベースブレッドはまずい?月90袋食べる筆者が味を激白」で詳しくまとめてます。

良い口コミ

菓子パンを毎日食べてしまう日々で体重が理想より増えていたのですが、ベースブレッドを1日1個食べたところ、菓子パンへの欲求が抑えられ、昼間に無駄に食べてしまうことが減りました。食べ始めて3か月が過ぎたころに体重も減り、うれしかったです。
(50代女性)

もともと朝はパン食のため、朝食の手間を減らしながら栄養もしっかり取れるベースブレッドが自分にマッチしていた。大きく体重減少とはならなかったものの、お腹など気になっていた部分は凹んだため、体重以上に見た目に変化が出たのは嬉しい。
(20代女性)

片手で持って食べることもできるし、たんぱく質だけでなく他の栄養素も摂取できるので、ダイエット時にはピッタリだと感じてます。味も美味しく、腹持ちもいいので、使わない理由はないなと思います。
(40代男性)

私はパンが大好きなのですが、ベースブレッドは味もおいしくてストレスなくダイエットを続けられました。食べ応えもあり、我慢しているという感じはありませんでした。しかも栄養も摂れるので他に食品をプラスしなくてもバランスの取れた食生活になるのはメリットだと思います。
(20代女性)

パンが好きでたまにコンビニの糖質オフパンを食べていたのですが、糖質はオフでも脂質が高かったので、完全栄養食のベースブレッドに変更。毎日食べる様になりましたが、全く太らないのでとても良かったと思っています。
(40代女性)

※口コミは個人の感想であり、効果効能を示すものではありません。

良い口コミには、以下のような声がありました。

  • パンを食べながらやせられるのが嬉しい
  • 腹持ちがよく間食が減った
  • 手軽で栄養もとれるので便利

「お腹がへこんだ」など、見た目の変化を実感してる人もいました。

低カロリーで腹持ちがいいことから、おおくのダイエッターに愛されているようです。

どらさん

実際に痩せた人がおおいのは心強いですね。

ベースブレッドの口コミを詳しく知りたい方は、以下の記事をごらんください。

まとめ:ベースブレッドはカロリー・糖質・脂質ひかえめなパン

ベースブレッド

この記事のまとめ

  • カロリーが高いのはたんぱく質と食物繊維がほうふだから
  • 糖質ひかえめで糖質制限に向いてる
  • 脂質は高いが必須脂肪酸がほうふ

ベースブレッドはカロリー・糖質ひかえめで、ダイエットにぴったりの栄養バランスです。

実際に食べ続けた感想としても、腹持ちがよくて空腹を感じにくいので、ストレスの少ないダイエットができました。

どらさん

朝ごはんやランチの置きかえにぴったりです。

置きかえるだけで手軽に食事改善できるベースブレッドで、理想の体を目指してみてください。

\ 最安値で1番お得 /

いつでも解約OK!

【今だけ!送料無料キャンペーン開催中】

ベースフードでは「継続コース」が今だけ送料無料で購入できるキャンペーンを開催中です。

・初めて購入する方
・再び購入する方

のどちらも対象となりますので、お得なこの機会にぜひ公式サイトを確認してみてください!

※期間:2023年10月2日〜2023年11月30日

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次