最安値で1番お得!「BASE FOOD」公式サイトはこちら

ベースブレッドが糖質制限向きな3つの理由!手順や注意点も解説

この記事はこんな悩みを解決します
  • ベースブレッドで糖質制限できる?
  • 糖質量はどれくらい?
  • 糖質制限の手順や注意点が知りたい…

定期購入者数が17万人を突破!女優の指原莉乃さんがダイエットにとり入れてることでも話題のベースブレッド。

指原莉乃さんのツイート

「ベースブレッドは糖質制限に使えるの?」と疑問に思う人もいるのではないでしょうか?

結論からお話しすると、ベースブレッドは以下の3つの理由から、糖質制限中にぴったりだと感じました。

ベースブレッドが糖質制限向きな3つの理由
  • 1袋の糖質が30g以下で低い
  • ビタミン・ミネラルがとれて健康的
  • 筋肉を守るたんぱく質がほうふ
どらさん

糖質ひかえめで不足しがちな栄養も補うことができます。

この記事では、実際にベースブレッドで糖質制限して感じたメリット・デメリットも正直にお伝えしてます。

記事を読めば、ベースブレッドで糖質制限するときの注意点や、おすすめな食べ方も知ることができる。

「手軽に糖質制限がしたい…」「食べないダイエットを卒業したい…」とお悩みの方は、ぜひ最後までごらんください。

\ 最安値で1番お得 

今だけ!送料無料キャンペーン実施中

この記事を書いた人
どらさん@完全食マニア
  • ベースフード歴1年
    (月に90袋食べるマニア)
  • 筋トレ大好きな社会人
    (筋トレ歴3年)
  • ベースブレッドで6.6キロの減量に成功

期間限定!送料無料キャンペーン実施中

2024年4月10日〜5月30日の期間限定で、「まいにちBASEFOODで健康に!送料無料キャンペーン」を実施しています。

とってもお得に購入できるこの機会にぜひ、公式サイトを確認してみてください。

>>ベースフード公式サイトはこちら

タップできる目次

ベースブレッドが糖質制限に向いてる3つの理由

ベースブレッドが糖質制限に向いてる理由

ベースブレッドが糖質制限に向いてる理由は、以下の3つです。

理由①1食の糖質を適正量に抑えられる

ベースブレッド1袋の糖質30g以下と少ないので、糖質制限にぴったりです。

ベースブレッド糖質
ミニ食パン22.2g
プレーン20.7g
チョコ29.1g
メープル27.1g
シナモン26.1g
カレー24.7g
▲ ベースブレッド1袋あたり

糖質制限中は糖質量を1食20〜40g(1日70〜130g)にすることが推奨されてます。

ベースブレッド1袋は30g以内と糖質ひかえめで、糖質制限中も食べられるのが嬉しいポイントです。

糖質をほかの主食と比較

スクロールできます
カロリー糖質
ベースブレッド
(プレーン1袋)
205kcal20.7g
白米
(1膳)
269kcal59.36g
オートミール
(80g)
304kcal55.28g
そば
(1人前)
296kcal57.46g
食パン
(4枚切り1枚)
267kcal47.17g
玄米
(1膳)
264kcal56.96g
カロリー参考サイト:Slism

一般的な主食はベースブレッドに比べて糖質が高く、20〜40gを超えてしまいます。

しかし、ベースブレッドは1食30g以下と糖質ひかえめで、糖質制限中にぴったりです。

理由②ビタミン・ミネラルがとれて健康的

ベースブレッドは33種類の栄養素がバランスよくとれるので、糖質制限中も栄養が不足しません。

糖質制限中は食事量そのものが減ることから、ビタミン・ミネラルなどの栄養が不足しがち。

どらさん

ビタミン・ミネラルの不足は、以下の原因になります。

  • 便秘
  • ニキビ・肌荒れ
  • 免疫力の低下による風邪

「糖質制限中は肌が荒れやすい…」と感じたことはありませんか?

実は、ビタミン・ミネラルが不足すると肌荒れの原因になります。

ベースブレッドはビタミン・ミネラルもほうふで、糖質制限中の便秘や肌荒れを防いでくれる可能性があります。

筆者はダイエット中に肌荒れがひどくなる傾向があり、食事選びにとても悩んできました…

しかし、ベースブレッドを食べ始めて肌荒れが改善。※

ビタミン・ミネラルがバランスよくとれることで、肌荒れに悩まなくなったのは嬉しかったです。

肌荒れへの効果は「【体験談】ベースブレッドで肌荒れが改善!ニキビが治った理由とは…」をごらんください。

※個人的な感想で効果を保証するものではありません。

理由③筋肉を守るたんぱく質がほうふ

ベースブレッドは1袋13.5gとたんぱく質が多いので、糖質制限中に起こりがちな筋肉の分解を抑えることができます。

糖質制限中にたんぱく質が不足すると、筋肉量が落ちて不健康な痩せ方になる。

筋肉が落ちると基礎代謝も落ちて、どんどん痩せにくい体になる可能性も考えられます…

どらさん

筋肉を落とさないために、たんぱく質をとることが大切です。

糖質制限中に必要な1日のたんぱく質は、男性60g、女性50g。

ベースブレッド1袋には、13.5gのたんぱく質がふくまれているので、2袋で27g(1日の半分ほど)のたんぱく質を確保できます。

たんぱく質を肉や魚からとる場合、材料の買い出しや調理をする必要があり手間も時間もかかります。

しかし、ベースブレッドはたんぱく質もまとめてとれるのが嬉しいポイント。

別でたんぱく質を用意する必要がないので便利です。

どらさん

1食27gのたんぱく質で筋トレ中の方にもおすすめです。

デメリットは食費が増えること

ベースブレッドは1袋156円〜と、パンにしては少し高いです。

なので、普段から自炊を徹底してる場合は食費が増える可能性があります。

販売元1袋の価格
※公式サイト16〜208円
コンビニ・スーパー237〜270円
Amazon・楽天242〜273円
定価195〜225円
1袋の価格(税込)※初回20%オフ適用時

ベースブレッドは最安値の公式サイトで購入しても、1袋156円〜と少しお高め…

自炊よりは食費が増えるので、なるべくお金をかけずに痩せたい人にはおすすめできません。

しかし、コンビニ食や外食が多い場合は、ベースブレッドで食費を節約できるケースもあります。

食費イメージ

1日1ヶ月(30日)
ベースブレッド1袋:168円〜
2袋:336円〜
1袋:5,040円〜
2袋:10,080円〜
コンビニ食500円15,000円
外食800円24,000円

ベースブレッドを1日に2袋食べるとしても、コンビニや外食より安い

実際に筆者も、コンビニ食をベースブレッドに変えることで、月6,600円ほどの節約に成功しました。

ベースブレッドの継続費用は「【コスパ最強】ベースブレッドで食費は節約できる?継続費用は月にいくらかを調査!」で詳しくまとめてます。

ベースブレッドで糖質制限して感じたメリット

ベースブレッドで糖質制限して感じたメリット

ベースブレッドを半年食べ続けて、実際に6.6キロ痩せた経験から、以下のメリットを感じました。

  1. 食物繊維がほうふで便秘が改善
  2. 腹持ちがいいから空腹を感じない
  3. リバウンドしなくなった

①食物繊維がほうふで便秘が改善

ベースブレッドには便秘に効果的な食物繊維がほうふにふくまれてるので、便秘が改善しました。

食物繊維は腸の働きを活発にすることで、便秘改善への効果が期待できると言われてる。

筆者はかなりの便秘体質で、糖質制限中はとくに便秘に悩んできました…

しかし、ベースブレッドを食べ始めて便秘が劇的に改善。

ほぼ毎日便通がくるので、便秘に悩むことがなくなりました。

「糖質制限をすると便秘がひどくなる…」という人も多いのではないでしょうか?

ずばり、便秘の原因は食物繊維の不足によるものです。

糖質制限中は食事量そのものが減ることで、おのずと食物繊維の量も減ってしましいます。

どらさん

糖質を減らすと食物繊維も減ってしまいます。

ベースブレッド1袋には3〜4gと、納豆1パックよりもほうふな食物繊維がふくまれてます。

糖質制限中の便秘を予防・改善できるのは大きなメリットに感じました。

便秘が改善した声

スクロールできます
https://twitter.com/ttaska/status/1584505106804133890?s=61&t=U6QhrOCRH7RspnXQWvHmKg
https://twitter.com/yudupon_eagle/status/1552317238820360192?s=61&,=U6QhrOCRH7RspnXQWvHmKg
どらさん

実際に便秘が治った口コミもたくさんありました。

ベースブレッドの便秘への効果は「【実体験】長年悩み続けた便秘をベースブレッドで解消できた理由とは…?」で詳しくまとめてます。

②腹持ちがいいから空腹を感じない

ベースブレッドは腹持ちがいいので、空腹感に悩まされることが減りました。

ベースブレッドの腹持ちがいい理由
  • 満腹感が続く食物繊維がほうふ
  • 食欲を抑えるたんぱく質がおおい
  • ゆっくり消化される小麦全粒粉で作られてる

個人的な体感では、1袋食べると2〜3時間はお腹が減らないので、我慢してる感覚がなく糖質制限ができました。

ベースブレッドの腹持ちへの声

スクロールできます

Twitterで「ベースブレッド 腹持ち」で検索すると、8割以上が「腹持ちがいい」というポジティブな意見でした。

どらさん

腹持ちのよさを実感してる人はおおいようです。

腹持ちがいいベースブレッドを糖質制限に活用することで、

  • 間食が減ってダイエット成功に近づく
  • 空腹によるストレスを感じない

など、たくさんのメリットがあります。

空腹を感じないので、ストレスなく痩せられたのは嬉しかったです。

腹持ちがいいベースブレッドは、「我慢できずに食べてしまう…」とお悩みの方におすすめできると感じました。

ベースブレッドの腹持ちは「ベースブレッドは腹持ち悪い?お腹が減るまでの時間はどれくらい?」で詳しく解説してます。

③リバウンドしなくなった

ベースブレッドは糖質制限後のリバウンド防止にも役立ちます。

これまでは、「ダイエットに成功→2〜3ヶ月で元の体型にもどる」ということばかりで、痩せられるけど痩せた状態をキープできないことに悩みを抱えてました…

しかし、ベースブレッドを毎日の食事に組み込むと、ダイエット後の体型を維持できるようになりました。

糖質制限で痩せても、「すぐ元の体型にもどってしまう…」という経験がある人もいるのではないでしょうか?

糖質制限でリバウンドする理由は、

  • 食事量が元にもどる
  • 過度な制限の反動で食べすぎ

といったものが大半です。

どらさん

糖質制限の反動で、どうしても食べたくなりますよね…

筆者もせっかく痩せたのに、「食べ過ぎてすぐ元の体型もどる」という失敗を何度もしてきました。

しかし、糖質制限後もベースブレッドを食べ続けることで

  • 腹持ちがいいから食べすぎない
  • 間食をしなくなる
  • 糖質のとりすぎ防止になる

などの理由から、リバウンドで太るという失敗がなくなりました。

どらさん

痩せた体を無理なく維持できてます。

リバウンドしなかった声

スクロールできます

ベースブレッドを食べ始めて「リバウンドせずに体重を維持できてる」と感じてる人はおおいようです。

ベースブレッドで糖質制限して感じたメリットまとめ
  • 便秘に悩まなくなった
  • 空腹を感じずストレスなく痩せられた
  • 無理なく体型をキープできた

ベースブレッドは栄養バランスがいいおかげか、糖質制限中の便秘や肌荒れに悩まなくなりました。

痩せるためにつらい糖質制限を乗り越えても、気を抜けば一瞬で元の体型にもどってしまいます。

ベースブレッドを継続することで、リバウンしなくなったのも嬉しいポイントでした。

初めは、「パン1袋に156円は高い…」と感じてました。

しかし、時間と労力をかけて手に入れた体を維持できると考えれば安いと思い、かれこれ半年以上も食べ続けてます。

少しお金がかかってもいいから、「なるべくストレスなく糖質制限をしたい」「痩せた体を維持したい」とお悩みの人におすすめできると感じました。

\ 最安値で1番お得 /

今だけ!送料無料キャンペーン実施中

※個人の感想で効果を保証するものではありません。

ベースブレッドで糖質制限するときの注意点

ベースブレッドで糖質制限中の注意点

糖質制限は正しく行わないと、「効果が出ない・体への強い負担がかかる」などの可能性があります。

ここでは糖質制限中の注意点について解説してるので、取り組む際は、以下のポイントをおさえて実践してみてください。

  1. 1食の糖質量を20〜40gに抑える
  2. 糖質を減らしすぎない
  3. カロリー・脂質にも気をつける

①1食の糖質量を20〜40gに抑える

糖質制限中は1食20〜40gの糖質量が推奨されてます。

ベースブレッドの糖質量は1袋20.7〜29.1gなので、1袋以上食べないように注意してください。

▲2袋は糖質のとりすぎに…
どらさん

糖質をとりすぎると、ダイエット効果は期待できません。

ベースブレッドとほかの食事を組み合わせる場合も、1食の糖質は20〜40gに抑えるようにしましょう。

「1袋だとお腹が減らないか不安…」という方もいると思いますが、実際に食べた感想としては、1袋でも2〜3時間は空腹を感じません。

ベースブレッドの腹持ちについてのアンケートを実施すると、100人中83人が「1袋で2〜3時間以上お腹が減らない」と回答。

1袋食べるとお腹がいっぱいになるので、「1/2袋だけ食べる」という声もたくさんありました。

どらさん

腹持ちがよく1袋でも満足できます。

ベースブレッドの腹持ちは「ベースブレッドは腹持ち悪い?お腹が減るまでの時間はどれくらい?」で詳しく解説してます。

②糖質を減らしすぎない

「糖質を一切とらない」などの極端な糖質制限は、体に大きな負担がかかります。

適度な糖質は体に必要なので、1日70~130g(1食20〜40g)はとるようにしましょう。

どらさん

糖質の減らしすぎは危険です。

糖質を減らしすぎるデメリット

・低血糖症による頭痛や眠気
・便秘になる可能性
・下痢や吐き気に見舞われる可能性
・口臭や体臭がきつくなる
・筋肉量が落ちやすい
・逆に太る可能性
・リバウンドする可能性

引用元:vitabrid

無理な糖質制限を続けると、リバウンドのリスクも高まります。

1日70~130g(1食20〜40g)は確保して、健康への影響が出ないように注意してください。

③カロリー・脂質にも気をつける

糖質だけでなくカロリー・脂質をとりすぎないことも大切です。

「糖質だけ制限すれば、あとは何を食べてもいい」というのは間違いで、全体的なカロリー・脂質量も気にする必要があります。

例えば、肉や揚げ物は糖質が低い代わりに、カロリー・脂質はたっぷりふくまれてます。

カロリーや脂質を気にせず食べてると、ダイエット効果は期待できません。

糖質制限中はカロリー・脂質のバランスにも注意して、食事を選ぶようにしてみてください。

糖質が1番少ないのはプレーン

糖質・脂質制限に1番向いてるのはプレーン
▲プレーン味

ベースブレッド全6種類で、糖質が1番少ないのはプレーンです。

スクロールできます
ベースブレッドカロリー糖質脂質たんぱく質
プレーン205kcal20.7g5.4g13.5g
ミニ食パン233kcal22.2g7.2g13.5g
チョコ264kcal29.1g9.3g13.5g
メープル264kcal27.1g8.2g13.5g
シナモン262kcal26.1g8.5g13.5g
カレー253kcal24.7g10.2g13.5g
ベースブレッド1袋あたりの栄養素

「カロリー・糖質・脂質」が1番低いプレーンは、糖質制限に1番向いてると言えます。

しかし、プレーンは薄味なので「そのまま食べるのは厳しい…」というのが正直なところ。

味が薄いからとジャムやバターをつけると、太る原因になります…

どらさん

アレンジの加えすぎには注意してください。

ベースブレッドの味は「【本音レビュー】ベースブレッドはまずい?月90袋食べる筆者が味を激白」で詳しくまとめてます。

糖質制限中におすすめなベースブレッドの食べ方

糖質制限中におすすめなベースブレッドの食べ方

ここでは、”ベースブレッドをよりおいしく食べる方法・糖質制限の効果を高める食べ方”を解説してます。

実際に試して「これはいいな」と感じた食べ方を解説してるので、参考にしてみてください。

高タンパク食と組み合わせる

糖質制限中は高タンパクな「肉や魚」と組み合わせるのがおすすめです。

どらさん

肉や魚は高タンパク低糖質で、糖質制限中のおかずにぴったり。

おすすめのアレンジ

スクロールできます
▲ チキンチーズバーガー
▲ハム&たまごサンド
▲サバ缶トースト

肉や魚と組み合わせることで、

  • 味に飽きるのを防げる
  • 食事の満足感が高くなる

といったメリットもあります。

どらさん

アレンジによって糖質制限中も食事を楽しめますよ。

アレンジについては「【簡単】ベースブレッド全種類のお手軽アレンジ8選|おやつ&食事系」で材料や作り方も解説してます。

小分けに食べて1食の糖質を減らす

糖質制限中は、ベースブレッド1袋を小分けに食べるのもおすすめです。

「ミニ食パン・メープル・シナモン」は、1袋2個入りで小分けに食べることもできます。

▲ 1本ずつ食べられる
小分けに食べるメリット
  • 1回の糖質量を減らせる
  • 小分けに食べることで空腹を感じにくい

1/2袋を2回に分けて食べると、1食の糖質量を減らすことができます。

また、小分けに食べることで、さらに空腹を感じにくくなるのでおすすめです。

どらさん

1/2袋でも意外とお腹に溜まるので、2時間は空腹を感じません。

「1回に何袋のベースブレッドを食べますか?」というアンケート調査では、100人中21人が「1回に1/2袋だけ食べる」と回答。

1袋を朝・昼に分けて食べる人は意外とおおいようです。

ベースブレッドを食べる頻度やタイミングについては「【全解決】ベースブレッドは1日何個?いつ食べる?頻度やタイミングを解説」で詳しく解説してます。

ベースブレッドで糖質制限してる人の声をSNSで調査

実際にベースブレッドで糖質制限してる人の声を、Twitterで調査してみました。

購入者のリアルな感想を知ることができるので、参考にしてください。

購入者の声

楽に糖質制限できてる

https://twitter.com/eimaeda_/status/1584167055573467136?s=61&t=UrZXcUKZdPf-59VXtIRa9Q

「置きかえるだけでいいから楽すぎる」という声を発見しました。

ベースブレッドは糖質だけでなく、ビタミン・ミネラルなど33種類の栄養素もバランスよくとれるのが嬉しいポイント。

置きかえるだけで食事改善できる手軽さがとても便利です。

ゆるい糖質制限に活用してる

https://twitter.com/cyakokokoko/status/1531908620379598848?s=61&t=UrZXcUKZdPf-59VXtIRa9Q

ベースブレッドには適度な糖質が含まれてるので、ゆるい糖質制限をしたい人にも人気です。

いつもの菓子パンをベースブレッドに置きかえるといった活用もできます。

食事を楽しみながら、ゆるく健康的に痩せたい人にもおすすめできると感じました。

糖質制限パンにしてはおいしい

「糖質制限パンにしては味がおいしい」という声もありました。

糖質の低いパンはおいしくないこともあるので、「食べられる味なのかな?」と不安に感じますよね…

筆者も食べる前は不安に感じてましたが、栄養食にしてはかなりおいしいのでストレスなく継続できてます。

公式サイトのレビューでは、982件で星4.46と高評価。(2023年1月時点)

まずくないか心配だったけど、「食べてみたら意外とおいしい!」という口コミもおおく見られました。

低カロリーで腹持ちもいい

「低カロリーで腹持ちがいいからダイエットにおすすめ」といった声を発見。

この意見には筆者も同感で、少ないカロリーでお腹を満たせるので、「お腹減らないし無理に食べなくてもいいか」という感覚でした。

どらさん

空腹がつらいとお悩みの人におすすめです。

まとめ:ベースブレッドで健康的に糖質制限

まとめ

ベースブレッドの糖質制限についてのまとめ

  • 1袋30g以下で糖質制限向き
  • ビタミン・ミネラルもとれて健康的
  • 腹持ちがよく空腹を感じにくい

ベースブレッドは糖質ひかえめで腹持ちもいいので、空腹を感じることなく糖質制限ができました。

どらさん

糖質制限中のストレスをかなり軽減してくれます。

価格が高いデメリットもありますが、リバウンドすることなく理想の体型を維持できてるので、購入してよかったと感じてます。

「ストレスなく痩せたい…」「我慢できずに食べすぎてしまう…」とお悩みの方は、ベースブレッドを活用して理想の体を目指してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。皆さんのダイエットが成功することを心より応援してます。

\ 最安値で1番お得 /

今だけ!送料無料キャンペーン実施中

期間限定!送料無料キャンペーン実施中

2024年4月10日〜5月30日の期間限定で、「まいにちBASEFOODで健康に!送料無料キャンペーン」を実施しています。

とってもお得に購入できるこの機会にぜひ、公式サイトを確認してみてください。

>>ベースフード公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次