最安値で1番お得!「BASE FOOD」公式サイトはこちら

ベースブレッドは会社員の昼ごはんにおすすめ?【職場ランチに悩む人必見】

この記事はこんな悩みを解決します
  • ベースブレッドは昼ごはんに向いてるの?
  • 職場でのランチに使える?
  • 昼ごはんにおすすめな食べ方が知りたい…

こんにちは。ベースブレッドを90袋食べる完全食マニアのどらさん(@dora_san_blog)です。

「自炊するのはめんどうだけど栄養バランスは気になる…」そんな悩みを抱えてる方もいるのではないでしょうか?

結論からお伝えすると、ベースブレッドは時短と栄養を両立できるおすすめの昼ごはんです。

手軽なもので済ませたいけど健康は気になるとお悩みの方に、ぴったりだと感じました。

ベースブレッドが昼ごはんにおすすめな理由

  • カロリー・糖質を抑えられる
  • 手軽に栄養バランスが整う
  • コンビニ食・外食より安いので節約になる
  • 食後に眠くならず昼からの仕事に集中できる
  • 食事の時短で昼休みの時間が増える

手軽で栄養たっぷりなベースブレッドは、忙しい会社員や主婦さんの強い味方になってくれる。

この記事では、ベースブレッドを1年継続中の筆者が、昼ごはんに食べ続けて感じたメリットデメリットを詳しく解説しています。

「毎日忙しくて時間がない…」「自炊はめんどうだけど健康は気になる…」とお悩みの方は、ぜひ最後までごらんください。

\ 今だけ!送料無料キャンペーン実施中 /

最安値で1番お得!

この記事を書いた人
どらさん@完全食マニア
  • ベースフード歴1年
    (月に90袋食べるマニア)
  • 筋トレ大好きな社会人
    (筋トレ歴3年)
  • ベースブレッドで6.6キロの減量に成功

期間限定!送料無料キャンペーン実施中

2024年4月10日〜5月30日の期間限定で、「まいにちBASEFOODで健康に!送料無料キャンペーン」を実施しています。

とってもお得に購入できるこの機会にぜひ、公式サイトを確認してみてください。

>>ベースフード公式サイトはこちら

タップできる目次

ベースブレッドを昼ごはんに食べ続けて感じた5つのメリット

ベースブレッドを昼ごはんに食べ続けて感じた5つのメリット

「ベースブレッドを昼ごはんに食べるメリットが気になる…」と感じてる人もいるのではないでしょうか?

ここではベースブレッドを昼ごはんに食べ続けて感じたメリットを、5つ紹介しています。

ベースブレッドを昼ごはんに食べるメリット

1つずつ詳しく解説していきます。

①カロリー・糖質を抑えられる

ベースブレッドを昼ごはんに食べて感じたメリットの1つ目は、カロリー・糖質を抑えられることです。

スクロールできます
ベースブレッドカロリー糖質脂質たんぱく質
プレーン205kcal20.7g5.4g13.5g
ミニ食パン233kcal22.2g7.2g13.5g
チョコ264kcal29.1g9.3g13.5g
メープル264kcal27.1g8.2g13.5g
シナモン262kcal26.1g8.5g13.5g
カレー253kcal24.7g10.2g13.5g
▲ 1袋あたり

ベースブレッドは、パンなのにカロリー・糖質ひかえめ。

どらさん

2袋食べても約500kcalです。

筆者は昼ごはんにコンビニや外食を利用していたのですが、ベースブレッドに置きかえることでカロリー・糖質を大幅にカットできました。

実際にベースブレッドへの置きかえダイエットで、空腹感をあまり感じずに過ごすことに成功。

普段の食事を置きかえるだけなので、ストレスなくダイエットを続けられました。

カロリー・糖質ひかえめなベースブレッドは、ダイエット中の昼ごはんに活用できるのが嬉しいポイントです。

ベースブレッドでのダイエット記録は、以下の記事でまとめてます。

②手軽に栄養バランスが整う

ベースブレッドには、体に必要な33種類の栄養素がバランスよくふくまれています。

▲ ※推定値 
※栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を100とした場合
※BASE BREAD®︎ミニ食パン・プレーン1食2袋の場合

ベースブレッド1食(2袋)で、1日に必要な1/3の栄養蘇がとれる。※

※1食(2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、他の食事で過剰摂取が懸念される、脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

どらさん

これ1つでバランスよく栄養をとれるので便利です。

コンビニや外食では栄養が偏りがち…

昼ごはんにコンビニや外食を利用してる人もいるのではないでしょうか?

しかしコンビニや外食では、どうしても栄養バランスが偏りがちです…

コンビニ食とベースブレッドの栄養素比較

ベースブレッドは普段の食事を置きかえるだけで、手軽に栄養バランスを整えられるのもメリットに感じました。

※サラダ、サンドイッチ、野菜ジュース、ヨーグルトの場合
※1 栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を100とした場合。

③コンビニ食・外食より安いので節約になる

ベースブレッドがコンビニや外食よりも安いことを表した図解

ベースブレッドは1食(2袋)336円〜で、コンビニや外食よりも安く抑えられます。

ベースブレッド1袋2袋
ミニ食パン
ミニ食パン
184円368円
プレーン
168円336円
チョコレート
チョコ
184円368円
メープル
メープル
184円368円
シナモン
シナモン
184円368円
カレー
カレー
208円416円
▲ 公式サイト初回20オフ適用時
どらさん

ワンコイン以下で健康的なランチがとれるのは嬉しいですね。

コンビニ食をベースブレッドに変えて月7,200円の節約に成功

【体験談】ベースブレッドで月に7,200円の食費を節約できた

筆者は昼ごはんにコンビニ弁当を利用することが多かったので、ベースブレッドに変えることで月に7,200円節約できました。

価格比較1食1ヶ月
(30食)
ベースブレッド
約360円10,800円
コンビニ食
約600円18,000円

コンビニ食や外食のおおい人は、食費を大幅に節約できる可能性がある。

月に7,200円節約できれば、年間で約8万円の出費を抑えられます。

食費を節約することで、貯金や遊びに使えるお金が増えたのは大きなメリットでした。

ベースブレッドの継続費用は、以下の記事で詳しくまとめてます。

④食後に眠くならず昼からの仕事に集中できる

ベースブレッドはGI値が低いので、食後に眠くなりにくいのも嬉しいポイントです。

GI値とは?

グリセミック・インデックス値の略で、食品をとった際の糖質の吸収されやすさをあらわした数値です。GI値は、食品をとった際の2時間後までの血糖値から算出され、GI値が高い食品ほど、食後の血糖値が上がりやすい、と言えます。

引用元:日清製粉

ゆっくり消化・吸収されるベースブレッドは、血糖値の急上昇を抑えられるので眠くなりにくい。

どらさん

ごはんやパンに比べて明らかに眠気を感じません。

眠くならずに集中力が続くので、仕事の生産性が上がったのは思わぬメリットでした。

⑤昼休みの時間が35分→55分に増えた

ベースブレッドは5分でサッと食べられるので、食事時間の節約にも効果的です。

実際に職場での昼ごはんをベースブレッドに変えて、毎日約20分の時短に成功しました。

昼休みの時間が20分増えたので、ゆっくりと休憩できるようになったのもメリットの1つです。

弁当作りの手間がなくなる

昼ごはんに弁当を持参してる人もいるのではないでしょうか?

そんな人はランチをベースブレッドに置きかえると、弁当作りの手間をなくすことができます。

毎日弁当を作るのは、買い出しや調理の手間がかかり大変ですよね…

その点ベースブレッドは、調理不要でとにかく楽に食べられます。

めんどうな洗い物をする必要もないので、家事の負担を減らせるのも嬉しいポイントです。

昼ごはんをベースブレッドに変えるだけで、毎日の食事を大幅に時短できます。

おかげで筋トレやYouTube鑑賞など、趣味に使える時間が増えたのも大きなメリットでした。

\ 最安値で1番お得 /

最安値で1番お得!

ベースブレッドを昼ごはんに食べるデメリット

ベースブレッドを昼ごはんに食べるデメリット

ベースブレッドを昼ごはんに食べ続けて感じたデメリットは、食費がかかることです。

自炊弁当よりは食費がかかる

ベースブレッドが自炊弁当よりは食費がかかることを表した図解

ベースブレッドは1食336円〜で、自炊弁当に比べると食費がかかります。

1食(2袋)の価格
ミニ食パン368円
プレーン336円
チョコ368円
メープル368円
シナモン368円
カレー416円
自炊弁当250円
▲ 初回購入20%オフ適用時

弁当作りの手間や労力がなくなると考えれば、1食312円〜は安いと感じています。

しかし食費をギリギリまで切り詰めたい人には、ベースブレッドはおすすめできません。

毎日1食(2袋)食べると月に約1万円

ベースブレッドを毎日1食(2袋)食べると、月に約1万円です。

価格比較1食1ヶ月
(30食)
※ベースブレッド
(プレーン2袋)
336円10,080円
コンビニ食
500円15,000円
外食・ランチ
800円24,000円
※初回20%オフ時

コンビニ食・外食のおおい人は食費を節約できる。

どらさん

月1万円と聞くと高く感じますが、筆者の場合はむしろ昼食代を節約できました。

「つい外食をしてしまう…」「コンビニで余計なものまで買ってしまう…」という方は、ベースブレッドを毎日の習慣にすると、食費を節約できる可能性もあります。

ベースブレッドを1年間昼ごはんに食べ続けて感じた、メリット・デメリットをまとめてみました。

  • メリット
    • ①カロリー・糖質を抑えられる
    • ②手軽に栄養バランスが整う
    • ③コンビニ食・外食より安く節約になる
    • ④眠くならず昼からの仕事に集中できる
    • ⑤昼休みの時間が35分→55分に増えた
  • デメリット
    • 自炊弁当よりは食費がかかる

自炊弁当より高いのはベースブレッドのデメリットです。

しかし手軽に栄養バランスが整うと考えれば1食312円〜は安いと感じて、1年以上食べ続けています。

どらさん

食費や時間を節約できるなど、たくさんのメリットを感じました。

\ 最安値で1番お得 /

最安値で1番お得!

ベースブレッドを昼ごはんに食べてる人の声を調査

ベースブレッドを昼ごはんに食べてる人の声を調査

「ベースブレッドを昼ごはんに食べてる人の声が知りたい…」と感じてる人もいるのではないでしょうか?

そこでベースブログでは、「ベースブレッドを食べた感想」を購入者100人に調査しました。

【アンケート概要】

期間:2022年5月16日〜6月5日
対象:ベースブレッドを食べたことがある
内容:ベースブレッドを食べた感想
人数:100人
募集場所:Lancers

ここでは実際にベースブレッドを食べた購入者による、良い口コミイマイチな口コミを紹介してるので、参考にしてください。

イマイチな口コミ

時間がなくて昼食をしっかりとれないことが多いのだが、ベースブレッドなら時間がなくても栄養をとれるのがメリットだと思う。栄養がしっかりしてる分価格が少し高めなのがデメリットだと感じる。

30代男性 

継続して食べ続けたわけではないので、特に目立った効果は感じなかった。またコンビニで買うと高いので、継続するにはやや厳しかった。腹持ちは通常のパンに比べるとかなり良いと思う。

30代女性 

今までの昼食は菓子パンやおにぎりなど、栄養面を気にかけて食事してこなかったのですが、ベースブレッドに変えてからは身体の調子も良く快適に過ごせています。デメリットとしては種類がそこまで多くないので飽きやすいこと、食事に使う代金が増えたことです。

50代男性 

試しに一週間ほど昼食の主食をベースブレッドシナモン味に置き換えてみましたが、特に効果は感じられず。たんぱく質が豊富なので、トレーニングをもっと頑張れば効果を実感できたかもしれません。ただ続けるとなるとそれなりの出費になる(自作お弁当と比べて)ので、そこがデメリットですね。

30代女性 

イマイチな口コミにおおかった声
  • 効果を感じなかった
  • 価格が高い
  • 食費が増えた

イマイチな口コミには、価格への不満の声がみられました。

良い口コミ

会社の昼食で食べていますが、食べすぎたり栄養バランスが偏ったりしなくなって、健康的な感じがします。血糖値の上がり方が穏やかなのか、昼過ぎに眠くなりにくいので助かっています。

40代女性 

以前は会社の食堂で買って食べていたのですが、昼食をベースブレッドに置き換えて食費がかなり浮きました。食物繊維が豊富なのか毎日お通じが出るようになったのも嬉しかったです。

30代男性 

パンなのにタンパク質が豊富というのが何より良かった。朝イチで食べれば身体が目覚め、お昼に食べれば午後からの気力体力が底上げされる感じ。これだけ食べてれば痩せるなどといった体感はなかったけど、パン好きの自分が罪悪感なく、身体のことも考えて続けられるのが一番のメリットです。

50代男性 

ベースブレッドを食べ始めて5か月ほど経ったが、調理の手間がないため、何を食べるか考える無駄な時間が減った。コンビニ飯をやめたことによって、体重の増加が減ったのもメリットに感じた。

40代女性 

食物繊維が豊富なので朝食や昼食の後の空腹がなくなり、血糖値上昇も抑えられるからか睡魔が来なくなりました。夕方のあたりで集中が切れることもなくなり、仕事の効率が上がりました。

30代男性 

朝食は食べない派なので、昼食をベースブレット+サラダやヨーグルトに変えると、体重が滅茶苦茶落ちました。食物繊維の効果でお通じも良くなります。完全栄養食なので面倒な献立を考えずにすむのが良いです。

20代女性 

良い口コミにおおかった声
  • 空腹に悩まされることが減った
  • ダイエットに成功した
  • 食費を節約できた
  • 食後に眠くならない
  • 昼からも仕事に集中できる
  • 便秘が改善した
どらさん

会社員やダイエッターの昼ごはんとして活躍していました。

ベースブレッドには便秘に効果的な食物繊維がほうふなので、便秘を改善できた人がおおいようです。

ベースブレッドの便秘への効果は、以下の記事でまとめてるので参考にしてください。

\ 最安値で1番お得 /

最安値で1番お得!

ベースブレッドを昼ごはんに食べてる人は100人中24人

ベースブログが行った「ベースブレッドをいつ食べてますか?」というアンケート調査※では、朝ごはんに食べてる人が1番おおいことが判明しました。(※先ほどとは別のアンケート)

アンケート結果

ベースブレッドをいつ食べてますか?
朝ごはん
62%
昼ごはん
24%
夜ごはん
3%
間食・おやつ
11%

購入者の約6割が「ベースブレッドを朝ごはんに食べてる」と回答。

昼ごはんにベースブレッドを食べてる人は、100人中24人でした。

どらさん

手軽なベースブレッドは、朝ごはんに人気なようです。

ベースブレッドを朝に食べるのがおすすめな人

  • 朝は忙しくて朝食を抜きがち
  • 昼はガッツリとしたものが食べたい
  • ランチは職場での付き合いがある

ベースブレッド利用者には、朝と昼の両方で活用してる人もいます。

ご自身のライフスタイルに合わせて、バランスよく取り入れてみてください。

ベースブレッドを朝ごはんに食べて感じたメリット・デメリットは、以下の記事でまとめてます。

無理に2袋食べる必要はない

ベースブレッド1食分は2袋なので、「必ず2袋食べないといけませんか?」という質問をいただきますが、無理に2袋食べる必要はありません。

1度に1食分全てをお召し上がりいただく必要はなく、1日のお食事の中で自由に調整していただければと思います。

引用元:ベースフード株式会社

必ず2袋食べる必要はないので、ご自身の食事スケジュールに合わせて無理なく活用してみてください。

どらさん

1日の中でバランスよく取り入れるのがおすすめです。

ベースブレッドを食べる頻度やタイミングについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ベースブレッドを昼ごはんに食べるときの注意点

昼ごはんにおすすめなベースブレッドですが、「この食べ方は失敗したな…」と感じたことがありました。

ここでは、ベースブレッドを昼ごはんに食べるときの注意点について解説しています。

昼ごはんに食べるときの注意点

それぞれ解説してるので、参考にしてください。

【注意点①】2袋以上食べない

ベースブレッドを1食で2袋以上食べると、満腹感で眠くなります。

ベースブレッドは食べ応えがあり腹持ちがいいので、ずっしりとお腹にたまる感覚があります。

3袋食べると、満腹感で仕事に集中できない時がありました…

食べすぎると眠くなるので、2袋以上食べないように注意してください。

【注意点②】アレンジしすぎない

2つ目の注意点はアレンジしすぎないことです。

カロリー・糖質ひかえめなベースブレッドですが、アレンジしすぎると太る原因になります。

高カロリーなアレンジの例

スクロールできます
どらさん

アレンジのしすぎに注意してください。

ベースブレッドで太る原因と解決策は、以下の記事でまとめてます。

【目的別】昼ごはんにおすすめなベースブレッドの食べ方

【目的別】昼ごはんにおすすめなベースブレッドの食べ方

ここでは以下の3つの目的別に、おすすめなベースブレッドの食べ方を紹介しています。

それぞれ詳しく解説してるので、参考にしてください。

とにかく手軽に済ませたい場合

昼ごはんをサッと食べたいときにおすすめなのが、以下の2つの食べ方です。

とにかく手軽に済ませたい場合

①そのまま食べる

1番手軽に食べられるのが、そのまま食べる方法です。

移動中や車の中など、いつでもサッと食べられるのがベースブレッドの魅力。

どらさん

フワッと柔らかいベースブレッドは、そのままでもおいしく食べられます。

ベースブレッドの甘さ 柔らかさをチャート図で表現

そのまま食べるなら、柔らかい食感のチョコレート・メープルがおすすめ。

「どの味を選ぶか迷う…」とお悩みの方は、ベースブレッド全6種類をレビューした以下の記事を参考にしてください。

②温めて食べる

手軽さ重視の場合は、電子レンジで温めるのもおすすめです。

どらさん

ベースブレッドは温めると格段においしくなります。

温め時間:500w20秒

公式では500w20秒が推奨されていますが、いろいろ試した結果500w40秒が1番おいしいと感じました。

手軽さとおいしさを両立できるおすすめの食べ方なので、ぜひ一度お試しください。

ダイエット中でカロリーを抑えたい場合

ダイエット中におすすめなベースブレッドの食べ方が、以下の3つです。

ダイエット中でカロリーを抑えたい場合

①ヨーグルトを追加

ダイエット中におすすめな食べ方の1つ目は、ヨーグルトと食べる方法です。

ヨーグルトは低カロリー・低糖質で、便秘に効果的な食物繊維がほうふにふくまれています。

どらさん

ダイエット中の便秘が気になる方におすすめです。

※オイコスヨーグルトストロベリー味
1カップ(110g)の場合

おすすめなのが「オイコスヨーグルト」で、ベースブレッドと合わせて約23gのたんぱく質がとれます。

低カロリー・高たんぱく質な昼食をとりたい場合は、ぜひお試しください。

ダノン オイコス ヨーグルト 12カップ (ストロベリー×2セット)

②プロテインと併用

プロテインと組み合わせるのも、ダイエット中におすすめの食べ方です。

※マイプロテインのナチュラルチョコレート味
1杯(25g)の場合

プロテイン1杯は100kcalほどで、ベースブレッド1袋と合わせても約300kcalに抑えられます。

たんぱく質が約32gとほうふなので、減量中のトレーニーにもぴったりです。

どらさん

トレーニング前にもおすすめな食べ方です。

③サラダチキンバーガー

低カロリー・高たんぱく質なサラダチキンと組み合わせるのも、ダイエット中におすすめです。

どらさん

パンに挟むだけで手軽に食べられるのが魅力です。

▲ 参考サイト:カロリーSlism
(1個:100gあたり)

サラダチキンは1袋100円ほどで、食費がかからないのも嬉しいポイント。

食べ応えがあり空腹を感じにくいので、ダイエット中にぴったりです。

ダイエット中におすすめの低カロリーな食べ方は、以下の記事でまとめてるで参考にしてください。

満足感を感じたい場合

栄養をとりつつ食事を楽しみたい人には、以下の食べ方がおすすめです。

①カップスープと食べる

カップスープはお湯をそそぐだけで簡単に作れるのが魅力。

職場でも食べられるので、会社員の方におすすめの食べ方です。

どらさん

コーンスープやシチューにひたして食べるのもおすすめですよ。

スクロールできます

②ハンバーガーアレンジ

食事の楽しみと満足感をしっかり感じられるのが、ハンバーガーアレンジです。

アレンジ例

スクロールできます

コンビニのチキンやハンバーグを挟むだけで、手軽においしい昼ごはんを楽しめる。

どらさん

少し贅沢したい日の昼食にぴったりです。

ベースブレッドにおすすめの食べ合わせは、以下の記事でまとめています。

昼ごはんにおすすめな食べ方まとめ

  • とにかく手軽に済ませたい場合
    • そのまま食べる
    • 温めて食べる
  • ダイエット中でカロリーを抑えたい場合
    • ヨーグルトを追加
    • プロテインと併用
    • サラダチキンバーガー
  • 満足感を感じたい場合
    • カップスープと食べる
    • ハンバーガーアレンジ
どらさん

その日の気分や状況に応じて食べ分けられるのも、ベースブレッドの魅力です。

ベースブレッドのアレンジレシピは、以下の記事でまとめてるので参考にしてください。

\ 今だけ!送料無料キャンペーン実施中 /

最安値で1番お得!

ベースブレッドを昼ごはんに食べるのがおすすめな人

ベースブレッドは、以下の悩みをお持ちの方におすすめな昼ごはんです。

  • 毎日弁当を作るのがめんどう
  • 昼休みをゆっくり過ごしたい
  • 栄養バランスが気になる
  • 仕事でのパフォーマンスを上げたい
  • コンビニや外食をやめて節約したい
  • ダイエット中でカロリー・糖質が気になる

おいしさ・手軽さ・栄養すべてを諦めないベースブレッドは、日常のあらゆる場面で活躍してくれます。

\ 今だけ!送料無料キャンペーン実施中 

最安値で1番お得!

ベースブレッドの口コミ・評判が気になる方は、以下の記事を参考にしてください。

Q&A|ベースブレッドを昼ごはんに食べる時のよくある質問

ベースブレッドは1食何袋?

ベースブレッドは2袋で1食分です。

しかし必ずしも一度に2袋食べる必要はないので、ご自身の食事スケジュールに合わせて活用してみてください。

どらさん

昼食とおやつに1袋ずつ食べるのもおすすめです。

ベースブレッドは1日何個まで?

摂取上限は設けておりませんが、ご自身の摂取可能カロリーや運動レベルによってご調整いただきますようお願いいたします。

引用元:ベースフード株式会社

ベースブレッドを食べる頻度やタイミングについてお悩みの方は、以下の記事を参考にしてください。

ベースブレッドのカロリーは?

ベースブレッドのカロリーは以下のとうりです。

スクロールできます
ベースブレッドカロリー糖質脂質たんぱく質
ミニ食パン233kcal22.2g7.2g13.5g
プレーン205kcal20.7g5.4g13.5g
チョコ264kcal29.1g9.3g13.5g
メープル264kcal27.1g8.2g13.5g
シナモン262kcal26.1g8.5g13.5g
カレー253kcal24.7g10.2g13.5g
▲ 1袋あたり

カロリー・糖質ひかえめなベースブレッドは、ダイエット中にも活躍してくれます。

ベースブレッドを活用したダイエット方法は、以下の記事でまとめてるので参考にしてください。

まとめ:手軽に栄養がとれるベースブレッドは昼ごはんにおすすめ

この記事のまとめ

  • ベースブレッドを昼ごはんに食べて感じたメリット
    • ①カロリー・糖質を抑えられる
    • ②手軽に栄養バランスが整う
    • ③コンビニ食・外食より安く節約になる
    • ④眠くならず昼からの仕事に集中できる
    • ⑤昼休みの時間が35分→55分に増えた
  • ベースブレッドを昼ごはんに食べるデメリット
    • 自炊弁当よりは食費がかかる
  • ベースブレッドを昼ごはんに食べてる人を調査
    • 100人中24人が昼ごはんに食べてると回答
  • ベースブレッドを昼ごはんに食べるのがおすすめな人
    • 毎日弁当を作るのがめんどう
    • 昼休みをゆっくり過ごしたい
    • 栄養バランスが気になる
    • 仕事でのパフォーマンスを上げたい
    • コンビニや外食をやめて節約したい
    • ダイエット中でカロリー・糖質が気になる

ベースブレッドを1年以上食べ続けた感想としては、昼ごはんにとてもおすすめなパンです。

どらさん

食事の時短やダイエットなど、さまざまなシーンで活躍してくれます。

手軽に栄養バランスが整うベースブレッドで、健康的な食習慣をスタートしてみてください。

最後までごらんいただき、ありがとうございました。

\ 今だけ!送料無料キャンペーン実施中 /

最安値で1番お得!

期間限定!送料無料キャンペーン実施中

2024年4月10日〜5月30日の期間限定で、「まいにちBASEFOODで健康に!送料無料キャンペーン」を実施しています。

とってもお得に購入できるこの機会にぜひ、公式サイトを確認してみてください。

>>ベースフード公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次