全品20%オフ「BASE FOOD」最安値はこちら

ベースブレッドが多忙な会社員のランチを救う!時短と栄養を両立できるおすすめ昼ごはん

この記事はこんな悩みを解決します
  • 忙しくてランチを食べる時間がない…
  • ランチを食べると眠くなって仕事に集中できない…
  • ベースブレッドを試したいけど、味や効果が気になる…

この記事では、ベースブレッドを半年以上食べ続けてる筆者が、「昼ごはんをベースブレッドに変えてわかったメリット・デメリット」を詳しくお伝えしてます!

どらさん

実体験をもとに、”体への効果やイマイチに感じた点”を解説してます。

結論からお話しすると、ベースブレッドを昼ごはんに変えて”仕事や日常へのいい変化”を実感

忙しい会社員やビジネスマンの強い味方になってくれる商品だと感じました。

実際に感じたメリット・デメリットがこちら

メリット
デメリット
  • 食事を時短でき自由な時間が増える
  • 眠くならず仕事に集中できる
  • 腹持ちがよく空腹を感じない
  • 食事を選ぶ楽しみが無くなる
  • 自炊弁当より食費がかかる

デメリットもありますが、それ以上に「自由な時間が増える・仕事の効率が上がる」など、メリットが大きいので食べ続けてます。

どらさん

”食事を効率化したい・仕事のパフォーマンスを上げたい方”におすすめできると感じました。

「毎日が忙しい…」「体調を改善したい…」とお悩みの方は、ぜひ最後までご覧ください!

\解約の縛りがないから安心/

最安値&キャンペーンでお得!

タップできる目次

ベースブレッドを昼ごはんに変えて感じたメリット

ベースブレッドを昼ごはんに変えて感じた3つのメリット

これまでは、職場での昼ごはんに「弁当を持って行くor忙しい日はコンビニで済ます」といった生活をしてました。

どらさん

弁当を作るのも、コンビニに買いに行くのも正直めんどくさい…

ランチにかける手間が面倒に感じたことから、”ベースブレッド”を導入。

これがかなり便利で、”栄養がとれるだけでなく様々なメリットがある”と感じました。

圧倒的時短で昼休みの時間が増える

ベースブレッドを昼ごはんに食べるメリット 圧倒的時短で昼休みの時間が増える

ベースブレッドはサクッと食べれるので、食事時間の短縮にかなり効果的です。

ベースブレッドに変えると…
  1. コンビニに買いに行く必要がない
  2. 弁当を作る手間がなくなる
  3. 5分でサクッと食べれる

これまでは、前日の夜に弁当を作ってたのですが、「弁当用のおかずを買って、ご飯を炊いて…」と、とにかく時間がかかる…

しかし、ベースブレッドに変えることで、弁当作りにかかる手間や時間をなくせたのは嬉しかったです。

コンビニ食の日は、昼休みの貴重な15分を使って買いに行ってましたが、ベースブレッドなら袋から取り出すだけでOK。

昼休みにゆったり過ごせる時間が増えたのは、ありがたかったです。

眠くならず昼からの仕事に集中できる

ベースブレッドを昼ごはんに食べるメリット 眠くならず昼からの仕事に集中できる

ベースブレッドを食べ始めて、お昼ごはん後の眠気を感じることが減りました。

これまでは、お昼に食べすぎて「仕事に集中できない…」ということがありました…

しかし、ベースブレッドは、量が決まっていて食べ過ぎを防ぐことができます。

どらさん

お腹が苦しい感覚もないので、仕事に集中できるようになりました。

腹持ちがよく夜までお腹が減らない

ベースブレッドを昼ごはんに食べるメリット 腹持ちが良く夜までお腹が減らない

ベースブレッドは、食べ応えがあってとても腹持ちがいいです。

どらさん

弁当やコンビニ食と変わらないくらいに、腹持ちがいい!

食感は少し固いのでよく噛まないといけません…

しかし、その分食べた感を感じられるので、空腹を感じることはありませんでした。

「COMP・Huel」など”ドリンク系の完全食”を食べてた時期もありましたが、食べた感がなく、空腹を感じることがよくありました…

腹持ちを比較するとこんな感じ↓

腹持ちのよさ
ベースブレッド
ベースブレッド プレーン
コンビニ弁当
コンビニ弁当
COMP
COMP
Huel
Huel

女性や少食な方の口コミでは、「1袋でお腹いっぱい…」という声も。

個人的な体感でも、12時に食べて、18時まで空腹を感じないので、1食(2袋)で十分に満足できました。

どらさん

ほかの完全食やコンビニ食で物足りない方におすすめです。

ベースブレッドの腹持ちは「【100人に調査】ベースブレッドの腹持ちは悪い?何時間でお腹が減る?」で詳しく解説してます。

\解約の縛りがないから安心/

最安値&キャンペーンでお得!

昼ごはんに変えて感じたデメリット

昼ごはんに食べ続けて感じたデメリット

昼ごはんをベースブレッドに変えて、以下のデメリットも感じました。

ベースブレッドに変えたデメリット

食事を選ぶ楽しみが減る

ベースブレッドを昼ごはんに食べるデメリット 食事を選ぶ楽しみが減る

コンビニ食であれば「今日は唐揚げ弁当とサンドイッチどっちにしよう…」と、考える楽しみがあります。

しかし、ベースブレッドに変えると、食事を選ぶ楽しみが減ってしまいます…

「今日はベースブレッドの気分じゃないな…」と、”結局コンビニに買いに行く”なんて日も。

どらさん

毎日違うものを食べたい方には向かないかもしれません…

しかし、ベースブレッドは賞味期限が1ヶ月と長いので、食べない日でも安心して保存できるのはよかったです。

自炊弁当よりお金がかかる

ベースブレッドを昼ごはんに食べるデメリット 自炊弁当よりお金がかかる

ベースブレッドは1食312円〜なので、弁当を持参するよりは少し高いです…

価格
ベースブレッド
1食(2袋)

ベースブレッド プレーン
312円〜404円
自炊弁当
100〜250円
コンビニ弁当
コンビニ弁当
500〜800円
どらさん

自炊より高く、コンビニ食より安いといった感じです。

手間は少なくなりますが、弁当に比べて食費が増えてしまうデメリットも。

食費を最低限に抑えたい方には向かないかも…」と感じました。

メリット・デメリットをまとめると、こんな感じ。

メリット
デメリット
  • 時短になり自由に使える時間が増える
  • 眠くならず仕事に集中できる
  • 腹持ちがよく夜まで空腹を感じない
  • 食事を選ぶ楽しみが無くなる
  • 自炊弁当より食費がかかる

デメリットも感じましたが、個人的には、”仕事や日常へのメリットが大きい”と感じて食べ続けてます。

どらさん

価格もコンビニ食ほど高くないので、無理なく続けることができてます。

結論としては、「忙しくて時間がない・仕事の効率を上げたい…」とお悩みの方におすすめできると感じました。

\解約の縛りがないから安心/

最安値&キャンペーンでお得!

コンビニ食とベースブレッドを徹底比較!

コンビニ食とベースブレッドを徹底比較!

「ベースブレッドとコンビニ食の違いを詳しく知りたい…」という方も多いはず…

そこで、コンビニ食とベースブレッドを以下の項目で徹底比較してみました!

カロリー・糖質を比較|コンビニ食よりヘルシー

コンビニ食と比べると「カロリー・糖質・脂質」が、かなり少ないことがわかりました。

スクロールできます
比較表カロリー糖質脂質たんぱく質
ベースブレッド
チョコ味
(1食)
510kcal51.8g15.6g27g
唐揚げ弁当
(1個)
760kcal84.36g33.36g24.24g
サンドイッチ
(2袋)
628kcal35.68g42.48g24.4g
メロンパン
(2個)
552kcal94.44g11.9g12.64g
牛丼
(普通盛り1杯)
771kcal112.7g23.87g18.03g
カロリー計算参照サイト:Slism

ベースブレッド1食のカロリーは約500kcalと低いので、ダイエット中でも食べることができる。

※一般的なパンと比べて糖質が約30%オフと低いので、糖質制限に活用できるのも嬉しいポイント。

どらさん

コンビニ食よりヘルシーでダイエット向きです。

筆者は実際に、”ベースブレッドの置きかえダイエット”で6.6キロ痩せることができました。

「ダイエット中の空腹に悩んでる…」という方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

※日本食品標準成分表2015年版(七訂)より、ロールパンとの比較(同量)

1食の価格を比較|コスパがいい

ベースブレッドは、コンビニ食よりも安い値段で続けられるのが魅力です。

価格
ベースブレッド
1食(2袋)

ベースブレッド プレーン
312円〜404円
コンビニ弁当
コンビニ弁当
500〜800円
公式サイトの継続コースから購入の場合

続けるうえで気になる価格ですが、ベースブレッドは”1食312円〜404円”で購入できます。
(味によって価格が異なる。)

コンビニ弁当で済ませる場合、安くても500円はかかるので、ベースブレッドのほうが食費を安くを抑えられます。

どらさん

コンビニ食よりコスパがいいので、無理なく継続できてます。

自炊よりは高いものの、”コンビニ食・外食ランチ”がおおい場合は、食費の節約にも効果的です。

”ベースブレッドの継続費用”は、こちらの記事で詳しくまとめてます。

栄養バランスを比較|コンビニ食より健康的

栄養素を比較すると、コンビニ食に比べてかなり栄養バランスがいいことがわかります。

ベースブレッドの栄養素比較
ベースブレッドとコンビニ食の栄養比較
(※継続コース初回購入時)
ベースブレッドに含まれてる栄養素
  • 26種のビタミン・ミネラル
  • 27gのたんぱく質
  • 1食7gの食物繊維
  • 体内で作られない必須脂肪酸

ベースブレッドは、体に必要なたくさんの栄養を手軽にとれるメリットもあります。

コンビニ食では栄養が不足しがちなので、食生活の乱れによる”健康上のリスク”もあります…

筆者は、ベースブレッドを食べ始めて「肌荒れ便秘解消」への効果を感じました。
(※個人的な感想で効果を保証するものではありません)

どらさん

食物繊維のおかげか、便通が安定するようになりました。

コンビニ食との比較まとめ

ベースブレッド
1食(2袋)

ベースブレッド プレーン
コンビニ弁当
コンビニ弁当
カロリーバランスカロリー・糖質・脂質がひかえめでバランスがいいカロリー・糖質・脂質が高くバランスも悪い
価格312円〜404円500〜800円
栄養32種類の栄養が
バランスよくとれる
栄養が少なく
偏りがち
手軽さ調理不要で楽買いに行く必要がある
腹持ちかなり良いかなり良い
おいしさ普通に食べられるおいしく食べられる
公式サイトの継続コースから購入の場合

おいしさではコンビニ弁当に劣ります…

しかし、「カロリー・価格・栄養」を考えると、ベースブレッドを選ぶメリットは大きいと感じました。

どらさん

「健康や体調が心配・食費を抑えたい」といった方には、ベースブレッドがおすすめです。

ベースブレッドに足りない栄養素はある?

「炭水化物とナトリウム(食塩)」は、”過剰摂取防止のため少なめに配合”されてます。

そのほかの栄養素は問題なく、1食に必要な量が入ってます。

>>ベースブレッドに足りない栄養素

1日何個たべればいい?

「ベースフード」が推奨してる目安量は月に20食(40袋)です。

会社員の方は、平日のランチを置きかえるとちょうど月20食になります。

3食全てをベースブレッドに変えてもいい?

3食全てをベースブレッドに変えても大丈夫です。

しかし、食事の楽しみが減るのでおすすめはしません…

”ベースブレッドだけでの生活を考えてる方”は、「【実体験】ベースブレッド(90袋)だけで1ヶ月生活して感じた衝撃のメリット・デメリット」を参考にしてください。

\解約の縛りがないから安心/

最安値&キャンペーンでお得!

味はおいしい?体への効果は?気になる口コミをチェック!

ベースブレッドを昼ごはんに食べてる方の声

ベースブレッドを昼ごはんに食べてる方の”リアルな口コミ”を、Twitterで調査してみました!

「いい口コミ・イマイチな口コミ」の両方が見つかったので、参考にしてみてください。

味へのイマイチな口コミを発見…

https://twitter.com/rimatan_sex/status/1575853456325488640?s=21&t=uLSOOdKuiyweww5_R5JttQ

イマイチな口コミには、味や食感への不満が見られました。

イマイチな口コミ
  • パサついてる
  • なんとも言えない味…
  • 粉感が強く食べにくい
どらさん

「普通に食べれるけど特別おいしくはない」というのが本音です。

例えるなら、「栄養食品<ベースブレッド<菓子パン」といった感じ。

完全食とは思えないクオリティですが、菓子パンほどのおいしさはありません。

味や食感が気になる方は、こちらの記事をごらんください。

「おいしい・眠くならない」という声も!

「味がおいしい・効果を実感した」という声もありました。

良い口コミ
  • 食後に眠くならない
  • 食べ応えがあっておいしい
  • 勉強や仕事に集中できる

ベースブレッドを昼ごはんに変えて、体への効果を実感してる方は多いようです。

どらさん

腹持ちがいいので、ダイエッターにも人気でした。

\解約の縛りがないから安心/

最安値&キャンペーンでお得!

昼ごはんにおすすめの食べ方

昼ごはんにおすすめなベースブレッドの食べ方・食べ合わせ

ベースブレッドを昼ごはんに食べる時に、おすすめの食べ方を紹介させていただきます。

①サラダやスープで栄養たっぷり

ベースブレッド 昼ごはんにおすすめの食べ方 サラダやスープと

サラダと一緒に食べれば、”ビタミン・ミネラルや食物繊維”がさらに豊富に!

ベースブレッド1袋+サラダの組み合わせは、カロリーも抑えられて健康的です。

ベースブレッド 昼ごはんにおすすめの食べ方 カップスープと

職場にポットがある場合は、カップスープと合わせて食べるのもおすすめです。

②プロテインと合わせて約50gのたんぱく質

ベースブレッド 昼ごはんにおすすめの食べ方 プロテインと合わせて

プロテイン1杯と合わせれば、約50gのたんぱく質を補給できるので、筋トレやボディメイクをしてる方にぴったりの食べ方です。

どらさん

職場でも手軽に食べられる組み合わせです。

「2袋も食べれない…」という方は、1袋+プロテインでも、約30gのたんぱく質がとれるのでおすすめです。

ベースブレッド 昼ごはんにおすすめの食べ方 プロテインと合わせて

1袋でもかなりお腹に溜まるので、女性や小食な方におすすめの食べ方です。

③チキンを挟んでバーガー風にアレンジ

ベースブレッド 昼ごはんにおすすめの食べ方 チキンを挟んでバーガー風にアレンジ

プレーンを半分にカットしてチキンを挟めば、リッチなお昼ごはんの完成。

どらさん

コンビニのチキンとの相性もバッチリです。

ベースブレッド 昼ごはんにおすすめの食べ方 サラダチキンと

カロリーを抑えたい場合は、”サラダチキンバーガー”もおすすめ!

1食300kcalほどで低カロリーなので、ダイエット中にもおすすめのアレンジです。

アレンジを加えればおいしさ倍増!飽きずに食べれるのも嬉しいポイント。

賞味期限が1ヶ月あるからストックもできて安心!

賞味期限が1ヶ月あるからストックもできて安心!

ベースブレッド賞味期限が1ヶ月と、菓子パンや弁当に比べてかなり長いのが嬉しいポイント。

いざと言う時にストックしておけるのも安心ですね。

どらさん

上司や同僚から急にごはんに誘われても、柔軟に対応できます。

公式サイト以外(Amazon・楽天・コンビニ)で購入した場合の賞味期限は、1〜2週間と短いので注意。

公式サイトAmazon・楽天コンビニ
賞味期限1ヶ月1〜2週間1〜2週間
どらさん

余裕を持って食べたい場合は、公式サイトでの購入がおすすめです。

ベースブレッドは公式サイトからの購入が1番お得!

ベースブレッドを買うなら公式サイトが1番お得

ベースブレッドは、「Amazon・楽天・コンビニ」でも購入できますが、公式サイトからの購入が1番お得です。

公式サイトで買うメリット
  • 初回20%オフで最安値
  • 限定キャンペーンが適用される
  • 味や個数を自由に選べる
  • 賞味期限が長い

購入方法を比較

スクロールできます
※公式サイトAmazon楽天コンビニ
価格156〜180円242〜273円242〜273円237〜270円
キャンペーン初回20%オフ
(2回目以降も10%オフ)
ベースクッキー1袋付き
期間限定キャンペーン
商品の組み合わせ自由に選べる選べない選べない選べるが
在庫状況に左右される
賞味期限1ヶ月1〜2週間1〜2週間1〜2週間
1袋の価格(税込)※初回20%オフ適用時

2回目以降も10%オフ適用なので、「1回のみ・続ける場合」どちらも公式サイトでの購入が最安値です。

いつでも自由に解約できるから安心

ベースブレッドは公式サイトから購入の場合でも、解約の縛りは一切ありません。

  • 解約金や購入回数などの縛りがない
  • いつでも自由に解約できる
  • マイページから簡単に解約可能

1回目を購入して即解約もできるので、安心してお試しできるのも嬉しいポイントです。

どらさん

好きなタイミングで「やめる・再開する」ことができます。

定期便のメリット・デメリットについては、以下の記事で詳しく解説してます。

\解約の縛りがないから安心/

最安値&キャンペーンでお得!

在宅ワークにはベースパスタもおすすめ

在宅ワークの昼ごはんにはベースブレッド以外の選択肢も!

”家での仕事・在宅ワークがメイン”の方には、ベースパスタもおすすめです。

ベースパスタは、「ベースフード」から発売されてるパスタ。

▲ ベースパスタ
どらさん

ベースブレッドよりも食べ応えがあり、腹持ちがいいです。

ベースブレッドとの比較

ベースブレッド
ベースパスタ
※価格312円〜312円〜
おいしさおいしい本格的でおいしい
腹持ちのよさ腹持ちがいい腹持ちがとてもいい
持ち運び性能自由に持ち運べる持ち運びに向かない
調理の手間調理不要レンジor茹で
ラインナップ6種類麺・ソース各2種類
※1賞味期限1ヶ月1ヶ月
ベースブレッドの口コミベースパスタの口コミ
※初回購入20%オフ適用時 ※1公式サイトで購入した場合
ベースパスタのメリット
ベースパスタのデメリット
  • ベースブレッドより食べ応えがあり腹持ちがいい
  • 本格的な味で満足度が高い
  • 調理の必要がある
  • 持ち運びに向かない
  • 麺・ソースどちらも2種類しかない

調理の手間はかかりますが、市販のパスタより短い時間で作ることができます。

どらさん

「パンよりも麺が好き・がっつりしたものが食べたい」という方におすすめです。

”ベースパスタの味や食感”が気になる方は、こちらの記事をごらんください。

まとめ:ランチをベースブレッドに変えて仕事効率をアップ!

ランチをベースブレッドに変えて仕事効率をアップ!

ベースブレッドを昼ごはんに変えて感じたメリット・デメリットをまとめると、

メリット
デメリット
  • 時短になり自由な時間が増える
  • 眠くならず仕事に集中できる
  • 腹持ちがよく夜まで空腹を感じない
  • 食事を選ぶ楽しみが無くなる
  • 自炊弁当より食費がかかる

”食事の楽しみが減る・食費が増える”といったデメリットもあります…

しかし、”食事の手間が減る・仕事に集中できる”など、個人的にはメリットの方が大きいと感じました。

どらさん

持ち運びも楽なので、職場での昼ごはんにぴったりです。

”おいしさ・手軽さ・栄養”が、すべてそろったベースブレッド。

「毎日が忙しい…」「体調がすっきりしない…」とお悩みの方は、手軽に栄養がとれるベースブレッドで充実した1日を送ってみてください!

\解約の縛りがないから安心/

最安値&キャンペーンでお得!

ベースブレッドを朝ごはんに活用したい方は、こちらの記事もあわせてごらんください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次